FIM世界耐久選手権第4戦ボルドール24時間はWebike SRC Kawasaki Franceが3位入賞。年間マニュファクチャラーランキングはカワサキが獲得

2022年FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦となる第4戦、ボルドール24時間耐久レース第100回記念大会が9月17日~18日、ポール・リカール・サーキットで開催された。カワサキ勢はエンジン関係の配線トラブルで一時は下位に沈んでいたWebike SRC Kawasaki Franceが3位入賞をはたしたほか、一時はトップに立ったTATI Team Beringer Racingが20時間経過時にエンジントラブルで大きく順位を落として総合29位(EWCクラス11位)フィニッシュとなるなど、ドラスティックな展開が見られた1戦となった。

 Go to post page

9月 21st, 2022 by

レオン・ハスラム選手がボルドールで24時間耐久レースに初挑戦。参戦はフランスのプライベートチームTATI Team Beringer Racingから

8月7日に開催された世界耐久選手権第3戦、鈴鹿8時間耐久ロードレースで表彰台を獲得したレオン・ハスラム選手は、自身初の24時間レースとなるボルドール24時間レース第100回記念大会(9月15~18日開催)に出場する予定と発表された。

 Go to post page

9月 13th, 2022 by

FIM EWCに参戦するTati Team Beringer Racingは新たなライダーを獲得

フランスを拠点とするカワサキのチーム、Tati Team Beringer Racingは、グレゴリー・ルブラン選手とバスティアン・マッケルス選手と契約し、2017-18年のEWCチャンピオンである長期チームメンバーのアラン・テッカー選手のパートナーになる、とFIM EWC(世界耐久選手権)公式サイトで発表した。

 Go to post page

2月 21st, 2022 by