ノジマエンジニアリングより、Ninja ZX-14R・ZZR1400用スクリーンが登場

nijima-screen_zx14r-zzr1400

ノジマエンジニアリングがリリースしているノジマスクリーンに、Ninja ZX-14R・ZZR1400用が追加リリースされている。車両のスタイルを崩さずに最大限の風防効果を狙うノジマスクリーンは、純正品よりも高さが約40mm高い設計(同社測定値による)となっている。複雑な段付きや曲げ、ダクトが一切ないなど、ノーマルの車両の雰囲気を壊すことがないシンプルな形状が大きな特徴だ。ノジマスクリーン(ZX-14R・ZZR1400用)1万6,200円…

 Go to post page

9月 5th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-14R ABS/ZZR1400 ABS]2017年モデルではハイグレードとの二本立てはそのままにカラー&グラフィックを変更

2017年モデル Ninja ZX-14R ABS

カワサキの旗艦・Ninja ZX-14R ABSの2017年モデルが発表された。今回リリースがあったのは、欧州一般仕様とオーストラリア仕様、アメリカ仕様の3種類で、いずれも2016年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのリニューアルにとどまるようだ。2016年モデルのNinja ZX-14R ABSで新たに採用されたスタンダードモデルとハイグレードモデルという2本立てのラインナップは2017年モデルでも継続。そのうえで、スタンダードモデルではブラックベースのカラーリングはそのままに、スクリー…

 Go to post page

8月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

ボスコムのデイライト内蔵LEDウインカーシリーズにスモークレンズ仕様が登場

bosscom

デイライト内蔵のLEDウインカーを製造するBOSSCOM JAPANより、Ninja ZX-14R、ZZR1400、1400GTRのLEDフロントウインカーにスモークレンズ仕様が加わった。今回設定されたスモークレンズ仕様はLEDの光量をアップさせることでスモークレンズ下でも暗くならないように独自設計を施している。スモークレンズは様々なボディ色との相性も良く、メリハリある印象を与え、車体をシャープに魅せる効果もあるようだ。購入後のアフターサポートも万全のメイドインジャパン製。興味のある方はBOSS…

 Go to post page

1月 6th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-14R/ZZR1400/ABS]2016年モデルは、ハイグレードVer.との二本立て

2016-ninja-zx-14r-zzr1400

Ninja ZX-14R/ZZR1400は、1,441ccの並列4気筒エンジンをモノコックフレームに搭載したカワサキのフラッグシップモデル。ニンジャシリーズ最大排気量を誇るエンジンは、いつでもどこでも余裕のある走りを提供してくれるとともに、街中でも扱いやすいコンパクトさや従順さも兼ね備えたマシンだ。2016年モデルは、基本的には前年モデルからのカラーリング変更程度となるようす。しかし、より豪華な装備を採用した別モデルが登場したのは、大きな注目ポイント。通常モデルからの変更点としては、ブレンボ製ラ…

 Go to post page

10月 16th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-14R/ABS/Special Edition/OHLINS Edition]カラーリング変更した2015年モデルが登場

2015年モデル Ninja ZX-14R

カワサキ全車のフラッグシップといえるNinja ZX-14Rの2015年モデルが発表された。すでにアメリカ仕様が発表されていて、それに追加するカタチで他の仕様と、スペシャルエディション、そしてオーリンズエディションが発表となった。オーリンズエディションは2014年モデル同様、リヤショックにオーリンズを採用し、コーナリング性能をはじめとした走行性能を向上させている。今回発表になったカラーリングは5パターンで、性能および諸元などに変更はない。2015年モデル Ninja ZX-14R (ZX140…

 Go to post page

9月 10th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-14R/ZZR1400/ABS]フラッグシップの2014年モデルに鮮やかなオレンジが登場!

2014年モデル Ninja ZX-14R/ZZR1400/ABS

カワサキの誇るフラッグシップモデル・ZX-14R(ZZR1400)。威風堂々とした造形や最高出力200psを叩き出すエンジンパフォーマンスもさることながら、各部には利便性を考慮したユーティリティを多数備えており、ユーザーの幅広い要望に応える一台だ。その2014年モデルのカラーが発表された。2013年モデルは深い色合いのブルーや、ホワイト、ブラックをメインカラーとした比較的シックな3色展開だったが、今年はビビッドなカラーが出そろっている。グリーン系は配色の異なる2パターン、2014年モデルの他の車…

 Go to post page

9月 7th, 2013 by カワサキイチバン編集部

コワースから、ZX-14R/ZZR1400用スプロケットガードが発売

コワースからZX-14R/ZZR1400用スプロケットガードが発売

レーシングステップやハンドルバーなど車体外装パーツを数多くラインナップするコワースから、ZX-14R/ZZR1400用のドライブスプロケットガードが登場した。このパーツは高強度のアルミニウム合金を素材とした削り出し品で、純正フロント・スプロケットガードから交換することにより軽量化とメンテナンス性の向上が図られている。機能性だけでなくスタイルにもこだわり、メカニカル感を高めたオリジナルデザインを採用。また、表面にアルマイト処理をほどこすことで耐久性のアップはもちろんのこと、質感も高められておりドレ…

 Go to post page

7月 10th, 2013 by カワサキイチバン編集部

ストライカーよりNinja ZX-14R用パーツがリリース

ストライカーよりZX-14R用パーツがリリース

カラーズインターナショナルがプロデュースするカスタムパーツブランド“ストライカー”よりZX-14R用パーツがリリースされた。ストリートコンセプト フルエキゾーストマフラー(JMCA)ノーマルのパフォーマンスを活かしつつ扱いやすい特性をもたらすフルエキゾーストマフラー。マフラーのレイアウトは、低回転域から高回転域まで違和感のない特性を求め、コニカルテーパーを組み合わせた4-2-1タイプを採用している。一般公道使用可能な車検対応品。価格21万円適合ZX-14Rアジア仕様ABS無し(型式ZXT40E)…

 Go to post page

3月 6th, 2013 by カワサキイチバン編集部

CUSTOM PARTS for Ninja ZX-14R by BEET

CUSTOM PARTS for Ninja ZX-14R by BEET

日本ビート工業が満を持してマーケットに送り出すNinja ZX-14R用カスタ厶パーツ。おなじみのNASSERT Evoをはじめ、ポジション関連のパーツを多数リリースした14Rの魅力をさらに引き立てるパーツラインナップ日本ビート工業が今回リリースしたNinja ZX-14R用の一連の製品のなかでも、やはりエキゾーストが最大の目玉といっていいだろう。デュアルサイレンサータイプのフルエキゾーストとスリップオンの2種類に加え、シングルサイレンサーのスリップオンもリリース。フルエキゾーストはピークで約8…

 Go to post page

8月 15th, 2012 by カワサキイチバン編集部