ゲイルスピードより、ラジアルマウントのアルミ鍛造リヤキャリパー&ブラケットが登場! Z900RSやゼファー1100、ZRX1200シリーズなどに適合

Elaborate リアキャリパー

アクティブが製造・販売を行なうホイール&ブレーキパーツブランドのゲイルスピードより、ラジアルマウントタイプのリヤブレーキキャリパーと取付用のブラケットが登場。アルミ鍛造ボディとすることで、2ピースタイプながら高剛性を追求。ブリッジボルトにはチタン仕様とクロモリ仕様の2タイプが設定されている。ダストシール内蔵でストリートでの使用にも問題はない。別売りの取り付け用ブラケットは純正ディスク径に対応しており、A7075材を使用したうえでブラックアルマイト仕上げが施されている。ラインナップはZX-14Rや…

投稿 ゲイルスピードより、ラジアルマウントのアルミ鍛造リヤキャリパー&ブラケットが登場! Z900RSやゼファー1100、ZRX1200シリーズなどに適合カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. アクティブの自社ブランド・ネクスレイより、Z900RS用のカーボンフロントフェンダーが登場
  2. ギルドデザインより、Z900RS用のフェンダーレスキットがリリース
  3. 純正比約20mmローダウン! ハイパープロより、Z900RS用ローダウンスプリングが登場
  4. BEETより、Z900RS用のフルエキゾーストシステム&スリップオンマフラーが登場
  5. アクティブより、ゼファー1100用 プレスフォーミング スイングアームが追加
 Go to post page

11月 20th, 2018 by カワサキイチバン編集部

ナイトロレーシングとビーターがコラボした、ZRX1200 DAEG用アルミタンクがリリース

ナイトロレーシング×ビーター アルミタンク ZRX1200 DAEG

日本製大型マシンをメインとしたパーツ展開をするナイトロレーシングより、ZRX1200 DAEG用アルミタンクがリリースされている。このアルミタンクは、レースシーンでも数多くの支持を集めている「ビーター」と「ナイトロレーシング」のコラボレーションによって生まれた商品で、特徴的なのはタンクキャップが耐久仕様の2連装となっていること。また、タンク容量はノーマルの18ℓから21.5ℓにアップしつつ、重量はノーマルの5.9kgから3.2kgへと軽量化が図られている。まさにルックスと機能性の変化を一度に楽し…

 Go to post page

9月 21st, 2016 by カワサキイチバン編集部

カワサキが、9月1日から『ZRX1200 DAEG スペシャルクレジットキャンペーン』を実施中

ZRX1200 DAEG スペシャルクレジットキャンペーン

カワサキが9月1日(木)から2017年2月28日(火)までの期間中に、ZRX1200 DAEG スペシャルクレジットキャンペーンを実施している。このキャンペーンは、先ごろ登場したZRX1200 DAEGファイナルエディションの発売を記念して実施されているもので、内容は現在実施中の「W800スペシャルクレジットキャンペーン」と同一となっている。キャンペーンの特典は、指定期間中にクレジットを利用してZRX1200 DAEGシリーズ(年式不問)の新車を購入した場合に、支払い回数に応じた特別金利が適用さ…

 Go to post page

9月 8th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200 DAEG]2016年モデルにカワサキ正規取扱店特別仕様車が登場

2016-zrx1200daeg-arl-limited

10月に発表されたZRX1200ダエグの2016年モデルに追加する形で、オーリンズ製リヤショックやシート高を5mm下げた特別シートなどを標準装備する、カワサキ正規取扱店特別仕様車が発表された。2015年モデルのカワサキ正規取扱店特別仕様車ではZ1000R ローソンレプリカ風のカラーリングを採用していたが、2016年モデルでは専用カラーのメタリックノクターンブルーを採用。またシートも2015年モデルとは異なり、パイピングが白になるなどデザインが一新されている点もポイントだ。販売価格はスタンダードモ…

 Go to post page

12月 15th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200 DAEG]2015年モデルのダエグ発表。カラーはシックな装いの2色

2015-zrx1200daeg

すべての基本性能を高次元で実現し、かつ誰もがオートバイを操る楽しみを味わえる、究極のオールラウンドモデル・ZRX1200ダエグ。日本人の体格に沿ったポジション設計など、国内の使用状況に合わせて各部が作り込まれている国内専用モデルだ。その2015年モデルがこの度発表された。主な変更点は昨年に引き続きカラー&グラフィックのみ。カラーはメタリックスパークブラックとギャラクシーシルバーの2色となり、その他の仕様および諸元は前年モデルからの継続となる。2015年モデル ZRX1200 DAEG SPEC…

 Go to post page

12月 16th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

すでにカワサキイチバンでお伝えしているとおり、カワサキは福岡モーターショー2014と札幌モーターショー2014に出展することが決定しており、その出展概要がこのたび発表されている。ブースは大きく分けて3つのコーナーに分けられ、一つは車両展示のみのコーナーで、二つ目は車両に跨ることができる体験コーナー、そして三つ目はレースマシンコーナーだ。展示のみのコーナーはニンジャコーナー、Zコーナー、エストレヤコーナーに分けられ、2014年モデルで大きくモデルチェンジされたZ1000やニンジャ400、そしてエス…

 Go to post page

1月 8th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200DAEG BLACK LIMITED]2014年モデルに特別仕様の「ブラックリミテッド」が追加

[ZRX1200DAEG BLACK LIMITED]2014年モデルに特別仕様の「ブラックリミテッド」が追加

2014年モデルとしてすでに2カラーが発売されているZRX1200ダエグ。このスタンダードタイプにプラスして、ブラックリミテッドが発売される。ブラックリミテッドは、文字どおりブラックを基調とした特別仕様のモデルで、2014年2月1日に発売開始の予定だ。具体的にはスタンダードタイプと何が異なるのか。まずカラーリングに関してだが、スイングアーム、タンデムステップ、ヒールガード、ブレーキレバー、クラッチレバー、インジェクションカバー、ヘッドカバーをブラックに変更。このうちヘッドカバーには塗装表面が結晶…

 Go to post page

12月 24th, 2013 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200 DAEG]現代に生きるジャパニーズスタンダードネイキッドの2014年モデルが発表

2014年モデル ZRX1200 DAEG

市街地からワインディングロードまで、オールラウンドな走りが楽しめるZRX1200ダエグ。日本人の体格に合わせてハンドルのグリップ位置をライダーに近づけることで、前モデルのZRX1200Rよりもライディングポジションをコンパクト化するなど、国内の使用状況に合わせて各部が作り込まれている国内専用モデルだ。2014年モデルでは、メタリックグラファイトグレイ、キャンディプラズマブルーの2色が発表された。今回の変更点はカラーリング&グラフィックのみとなり、仕様および諸元は前年モデルからの継続となる。201…

 Go to post page

11月 1st, 2013 by カワサキイチバン編集部

モーターラボより、GPZ/ZZR/ZRX系用クラッチ&パルサーカバーが登場

モーターラボより、GPZ/ZZR/ZRX系用クラッチ&パルサーカバーが登場

ビレットパーツの開発や製作、また既製部品のメッキ、アルマイト処理などを得意とするモーターラボから、GPZ/ZZR/ZRX系の車両に装着することが可能な、クラッチカバーがリリースされた。素材はどちらもジュラルミン製で、純正パーツに比べ大幅な軽量化が実現されているほか、オイルラインを内蔵することによって、見た目にもすっきりとしたデザインに仕上げられている。またクラッチカバーとフィラーキャップにはワイヤリング用の穴があらかじめ設けられているので、レースやメンテナンス時のワイヤリング処理も加工なしで行な…

 Go to post page

7月 3rd, 2013 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200 DAEG]Z生誕40周年を記念した特別仕様車が登場

[ZRX1200 DAEG]Z生誕40周年を記念した特別仕様車が登場

現代のスタンダードネイキッドであるZRX1200ダエグ。2009年に発売が開始され、今ではカスタムパーツも多くラインナップされている。このZRX1200ダエグのメーカーカスタムといえるのが「ZRX1200ダエグ Z生誕40周年記念 カワサキ正規取扱店特別仕様車」(以下、限定ダエグ)である。300台限定で発売されるこのモデルは、性能パーツから外装パーツまで多くのパーツをスタンダードモデルから変更している。性能パーツの変更点で目を引くのが、オーリンズのリヤショックだ。このリヤショックは、20段階の圧…

 Go to post page

11月 1st, 2012 by カワサキイチバン編集部