【Z650RS】2代目空冷Z650カラーを採用した新型Z650RS

現行ネオレトロを代表するZ650RSは、レトロテイストが漂うスタイルと軽快な走行性能が特徴のモデルだ。そのZ650RSの2024年モデルが発表された。

 Go to post page

10月 22nd, 2023 by

公道仕様のアローマフラーで安心してZ650RSの魅力を高める

現在アロー製マフラーの国内正規代理店であるギガステーションが、人気モデルZ650RS用マフラーのJMCA認証フルエキゾーストをラインナップに加えた。

 Go to post page

7月 6th, 2023 by

Z900RS & Z650RSのヘッドライト下にKAWASAKI純正エンブレムが装着可能に

80年代頭の空冷Zには、ヘッドライト下のフォークブラケット前にKawasakiエンブレムが装着されていた。そして、その往年のスタイルが気に入っているカワサキフリークは少なくない。Z900RSやZ650RSオーナーの中にも“愛車に付けられないかな?”と考えている人がいるはずだ。そんなオーナーの想いに応えるかのように、キジマがZ900RSやZ650RSにエンブレムを装着するためのステーを発売。

 Go to post page

4月 11th, 2023 by

カワサキバイクマガジン2023年5月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2023年5月号(vol.161)が本日より発売される。4月1日発売号のカワサキバイクマガジンの巻頭特集では、勢いに乗るZ900RS/カフェ、Z650RSの最新事情を解説する。特集内では、カスタムの現状を中心に、日常の使い勝手や操作性も細かく解説した。この他、最新エリミネーターの紹介や、ZZR1100エンジンを搭載したフォーミュラマシンX11の開発者インタビューなど、今月号も充実したカワサキネタをお届けする。

 Go to post page

4月 1st, 2023 by

KBM編集長 井田が語る! Z650RSライディングポジション|試乗・車両解説

短期連載で掲載してきたネオレトロのライディングポジションだが、最終回となる今回はZ650RSのライディングポジションについて解説する。

 Go to post page

2月 25th, 2023 by

ウッドストックからZ650RS用ステップとフェンダーレスキットがリリース

アルミ削り出しパーツを得意とするウッドストックから、Z650RS用カスタムパーツ2点がリリースされる。一つはライディングでの自由度を高めるステップで、もう一つはリヤまわりをスタイリッシュに見せるフェンダーレスキットだ。

 Go to post page

11月 30th, 2022 by

アクティブはアクセル操作の自由度を高めるZ650RS用スロットルキットを3タイプリリース

アクティブはZ650RS用パーツとして同社スロットルキット・タイプ1〜3をリリース。12月からデリバリーを開始する。同時にZ650R用スイッチキット・タイプ2もリリースされる。

 Go to post page

11月 23rd, 2022 by

ヨシムラはZ650RSをスタイリッシュに見せるカスタムパーツ2点をリリース

ヨシムラジャパンはZ650RS用フェンダーレスキットとサービスホールプラグを2022年12月中旬から発売予定だ。前者はリヤまわりをスッキリとさせ、前者は純正のサービスホール用プラグを交換することでエンジンまわりにスペシャリティを与えるパーツとなっている。

 Go to post page

11月 20th, 2022 by

トリックスターは新製品Z650RS用フルエキゾーストマフラーとNinja H2 SX/SE用スリップオンマフラーのサウンドチェック動画をYouTubeで配信

トリックスターは先だってカワサキイチバンでも紹介した、同社製Z650RS用フルエキゾーストマフラーと、Ninja H2 SX/SE用スリップオンマフラーIKAZUCHIのマフラーサウンドチェック動画をYouTubeで配信した。

 Go to post page

11月 19th, 2022 by

トリックスターからZ650RS用フルエキゾーストマフラーが新登場。サイレンサーは3タイプから選択可能

各種カスタムパーツを手がけるトリックスターから、Z650RSに適合するフルエキゾーストマフラーが2022年10月下旬からデリバリー開始予定。現在は予約受付中だ。

 Go to post page

10月 22nd, 2022 by