カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2019年1月号

カワサキバイクマガジン2019年1月号(vol.135)が本日より発売される。巻頭特集は「カワサキブランド大行進」と題して、カワサキのストリート用モデル5ブランドを解説する。また発表されたばかりの新型Ninja ZX-6Rやヴェルシス1000など8機種のニューモデル情報を掲載。ほかニューモデルの発表の場となったINTERMOT 2018&EICMA2018の会場レポートや、各ブランドを代表するモデルのインプレッションをお届けする。また現行モデルを使って活躍するプロショップを紹介するコーナ…

投稿 カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. カワサキバイクマガジン2018年7月号、本日発売!
  2. カワサキバイクマガジン2018年11月号、本日発売!
  3. カワサキバイクマガジン2018年1月号、本日発売!
  4. カワサキバイクマガジン2017年7月号、本日発売!
  5. カワサキバイクマガジン2018年5月号、本日発売!
 Go to post page

12月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Z400/Z250]新型となる2019年モデルが登場。Ninjaに続きZにも待望の400ccモデル!

2019年モデル Z400/250

カワサキはZ300/250をモデルチェンジし、新たにZ400/250としてリリースすることを先ごろ開催されたEICMA 2018にて発表した。2017年10月の東京モーターショーにて発表されたNinja 400/250に引き続き、Z250も晴れて400ccモデルを同時にラインナップする新型モデルへとスイッチした。 左が2019年モデルZ250、右が2017年モデルZ250もともとZ300/250も基本コンポーネントをNinja 300/250と共通化しており、今回の2019年モデルのZ400/…

投稿 [Z400/Z250]新型となる2019年モデルが登場。Ninjaに続きZにも待望の400ccモデル!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. C.F.ポッシュより、ZRX1200 DAEGやNinja 250SL/Z250/Z250SLに適合するLEDウインカーキットが登場
  2. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  3. [Ninja 250/Ninja 400]東京モーターショー2017で世界初披露! すべてが生まれ変わった2018年モデル登場
  4. [Ninja ZX-14R ABS/HIGH GRADE]2019年モデル海外仕様発表。国内向けもスタンダード&ハイグレードともにブライトから発売
  5. [Ninja ZX-6R]新型2019年モデルが登場。新デザインおよびKQS&ブリヂストン製S22タイヤなど新装備多数
 Go to post page

11月 13th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[2016]Ninja 250SL単独レースも開催! カワサキCS2グループサーキット走行会 レポート

[2016]Ninja 250SL単独レースも開催! カワサキCS2グループサーキット走行会 レポート

カワサキ専門のサービスネットワークであるカワサキCS2グループが本庄サーキットでサーキット走行会&ワンメイクレース(パノリンカップ)を開催した。サーキット走行会&ワンメイクレースはCS2ではおなじみのもので、年2回場所を変えて関東近郊で開催している。今回はこの模様をお伝えしたいと思う。初心者でも安心のサーキット走行会走行会は一部の上級者が楽しむものといったイメージがあるかもしれないが、実際には初心者でも参加しやすいよう様々な配慮がなされている。サーキット走行初心者はコースに入る前に本格的なライデ…

 Go to post page

4月 23rd, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]足立区のカワサキ正規取扱店・モトプラザカワサキが春の大試乗会を開催

足立区のカワサキ正規取扱店・モトプラザカワサキが春の大試乗会を開催

東京都足立区にあるカワサキ正規取扱店のモトプラザカワサキが店頭試乗会を開催する。開催日は4月23日(土)〜24日(日)で、時間は10:00〜日没まで(雨天中止)の予定だ。今回試乗できるのは、Ninjaシリーズ、Zシリーズの計11台。試乗は有料30分コースと無料10分コースの2コースを設定。有料コースは料金が3,240円となるが、試乗したモデルを契約した場合返金されるほか、この期間中に契約した人にはもれなく成約特典が付くとのこと。数多くのモデルが試乗車として用意されるこのチャンス、気になるモデルが…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z250 ABS]2016年モデルの国内仕様は“黒”で造形美を主張

2016-z250-abs

ニンジャ250のエンジン&シャシーをベースに、個性を主張する異形ヘッドライトや大型のシュラウドなど、Zシリーズらしいアグレッシブなスタイリングを与えられたZ250。2015年モデルでは、軽快なクラッチ操作や、急激なエンジンブレーキによるリヤタイヤのホッピングの抑制などに貢献するアシスト&スリッパークラッチを新採用したことも記憶に新しい。そのZ250にこのたび2016年モデルが発表された。先頃発表された海外仕様の中から国内仕様として採用されたカラーリングはメタリックスパークブラック×メタリックフラ…

 Go to post page

12月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Z250/ABS]スペシャルエディションを含む、2016年モデルのカラーリングが発表

2016-z250

Zシリーズのアグレッシブなスタイリングを忠実に継承し、クラスを超えた走りと存在感を合わせ持つZ250。その2016年モデルのラインナップがこのたび発表されている。発表されたのは、インドネシア仕様、マレーシア仕様、タイ仕様、中国仕様の4つの仕向地。中でも注目したいのはエンジンシュラウドに「Special Edition」の文字が踊る、マレーシア仕様とインドネシア仕様(ABS)だ。そのカラーリングは、シックな仕上がりのメタリックスパークブラックと、Z1000を彷彿させるゴージャスな仕上がりのキャン…

 Go to post page

12月 2nd, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]カワサキCS2グループがトミンモーターランドおよび筑波サーキットにて、サーキット走行会を開催

cs2_2015-circuit-run

カワサキCS2グループ認定サーキットイベントが10月4日(日)にトミンモーターランドで開催される。走行会は、ツナギのいらない初心者クラスから本格的なエキスパートクラスまで各クラスにレベル分けされ、自身のレベルに合わせたクラス選択が可能となっている。また今回からNinja250SL/Ninja250/Z250だけの走行クラスが新設とのことだ。また11月15日(日)には筑波サーキットで耐久レース&スプリントレースも開催される。そこでは今年の春に発売されたNinja250SLだけの走行クラスも設定。筑…

 Go to post page

9月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]モーターハウスアサノ 店頭試乗会&特別商談会開催

mh-asano_thumb

東京都江戸川区の環七沿いに店舗を構え、80年以上の歴史のあるモーターハウスアサノが今週末の8月29日(土)と8月30日(日)に試乗商談会を開催する。今回の試乗会では逆輸入車・国内仕様車合わせて計7車種の試乗車を予定している。加えて今回は特別フェア対象車両として、1台限定でこの2日間のみ商談可能な2015年モデル Ninja 1000 ABSブラックを用意しているとのこと。ちなみにこの試乗会開催日だけの成約特典もあるそうだ。またカワサキ用品の夏物など、両日限りの特別クリアランスセールも同時開催との…

 Go to post page

8月 26th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Z250 ABS]アシスト&スリッパークラッチを採用した2015年モデル・国内仕様が登場

2015年モデル Z250

クォータークラスでは希少なストリートファイターモデルとして強烈な個性を放っているZ250。2015年モデルとしては、昨年11月末に輸出モデルの発表があったのみだが、このたびようやく国内仕様の詳細がリリースされた。今回発表されたモデルは現時点ではABS仕様のみで、2014年モデルからの変更点は、カラー&グラフィックとアシスト&スリッパークラッチの採用が挙げられる。アシスト&スリッパークラッチはすでに2015年モデルのNinja 250にも搭載されている機構で、クラッチレバーの操作感を軽くしながらも…

 Go to post page

4月 15th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部