[Z1000 ABS R Edition]2017年モデルに豪華装備をプラスした特別仕様車が登場

2017年モデル Z1000 ABS R Edition

先頃発表された2017年モデルのZ1000 ABSに、新たに特別仕様の“R Edition”が追加発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のABS装着モデルで、EICMA(イタリア・ミラノ)での発表が示唆されているZ650およびZ900と同じく「REFINED RAW」のキャッチコピーとともに同一のビジュアル展開がされており、大変興味深いところである。(参考)カラーはメタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレーの1色のみで、標準仕様と“R Edition”の機能上の違いとして2点…

 Go to post page

10月 27th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z1000 ABS]各部をリファインした2017年モデルが登場

2017年モデル Z1000 ABS

カワサキZシリーズの頂点に君臨し、“Sugomiデザイン”と“Sugomiパフォーマンス”というデザイン・機能を両立させたコンセプトを具現化しているZ1000。単なるネイキッドでは飽き足らないライダーたちから多くの支持を集めている、ハイパフォーマンス・ネイキッドである。その2017年モデルがこのたび発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のABS装着モデルで、カラーはメタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーンとキャンディバーントオレンジ×フラットエボニーの2色だ。外観上はカラー…

 Go to post page

10月 5th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]足立区のカワサキ正規取扱店・モトプラザカワサキが春の大試乗会を開催

足立区のカワサキ正規取扱店・モトプラザカワサキが春の大試乗会を開催

東京都足立区にあるカワサキ正規取扱店のモトプラザカワサキが店頭試乗会を開催する。開催日は4月23日(土)〜24日(日)で、時間は10:00〜日没まで(雨天中止)の予定だ。今回試乗できるのは、Ninjaシリーズ、Zシリーズの計11台。試乗は有料30分コースと無料10分コースの2コースを設定。有料コースは料金が3,240円となるが、試乗したモデルを契約した場合返金されるほか、この期間中に契約した人にはもれなく成約特典が付くとのこと。数多くのモデルが試乗車として用意されるこのチャンス、気になるモデルが…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z1000/ABS]アシスト&スリッパークラッチを採用した2016年モデルが登場

2016-z1000

2003年の登場以降、3度のフルモデルチェンジを受け4代目となる現行型のZ1000。基本キャラクターがブレることなく、高性能化してきた同モデルは、2016年モデルでもさらなる進化を遂げ、新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載することがこのたび発表された。アシスト&スリッパークラッチとは、6月に発表された2016年モデルのNinja 1000をはじめ、昨今のカワサキスポーツモデルにこぞって採用されている注目の機構である。ブレーキング時など、過大なバックトルクが発生した際にクラッチを滑らせ、リヤタ…

 Go to post page

9月 2nd, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部

ボスコムからバックフォグ機能を搭載したリアウインカーが登場

ボスコム バックフォグ機能搭載 リアウインカー

ボスコムジャパンのLEDウインカーシリーズに「バックフォグ」機能を搭載したリアウインカーが登場した。「バックフォグ」機能とはブレーキランプとウインカーが赤く点灯することにより、後方車に自車の存在を大きくアピールする機能である。夜間や悪天候など、視界の悪い状況でも非視認性を高めることで安全性を確保するのが目的であり、特に投影面積の小さいオートバイにとっては有効な手段である。この製品は企画・製造ともに日本国内で行なっており、全体のバランスを考えて作られたLEDウインカーは、本体にジャストサイズの専用…

 Go to post page

8月 19th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Z1000/ABS]凄みを極めたスーパーネイキッドの2015年モデルが発表

[Z1000/ABS]凄みを極めたスーパーネイキッドの2015年モデルが発表

2014年モデルで4回目のフルモデルチェンジを受けたZ1000。“凄み”をキーワードとした2014年モデルは、Z1000ならではの意表を突く斬新なデザインで、衝撃的な発表となった。このモデルの2015年モデルが発表された。2014年モデルから変更箇所はカラーリングのみで、性能および諸元に変更はない。発表されたカラーリングは3パターンで、ブラック系はイメージをそのまま引き継ぎ、フロントフォークのトップを2014年モデルのレッドからゴールドへと変更している。その他の2パターンはグリーンとオレンジを配…

 Go to post page

7月 8th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[2014]BEETマフラー装着のZ1000とDAEGに乗れる! カワサキマーキュリーがBEETとのカスタム試乗会を開催

mercury-test-ride-event

大阪のカワサキ正規取扱店「カワサキマーキュリー」が、7月5(土)・6日(日)にBEETとコラボレーションした店頭カスタム試乗会を開催する。BEETといえば、カワサキのレースチーム「チームグリーン」が採用するマフラーメーカーとしておなじみだが、今回の試乗会はそのBEETのマフラーを装着したZ1000とZRX1200DAEGに試乗できるのがポイントだ。また、この試乗会のおもしろいところは、ノーマル車両も用意している点で、それぞれの車両に同時に試乗することで、乗り味やテイストの違いをより分かりやすく体…

 Go to post page

6月 11th, 2014 by カワサキイチバン編集部

【Z1000/ABS/Special Edition】2014年モデル詳細

【Z1000/ABS/Special Edition】2014年モデル詳細

2003年に発売されたZ1000は、それまで日本のネイキッドで一般的とされていたクラシカルなイメージを一新した。走行性能に特化したメカニズムと、前衛的なスタイルが採用され、それまでなかった『スーパーネイキッド』というカテゴリーを作り上げたモデルである。そのZ1000が2014年モデルで、車体からエンジン、デザインまで、大きくモデルチェンジしたのは先日お伝えしたとおり。4代目となる2014年モデルのZ1000は、前モデル以上に走りに特化した性能を予感させ、且つより前衛的なスタイルへと変貌を遂げてい…

 Go to post page

12月 11th, 2013 by カワサキイチバン編集部

[2013]第43回 東京モーターショー カワサキブースレポート

第43回 東京モーターショー

いよいよ11月22日(金)から開催される第43回 東京モーターショー。一般公開に先駆けて、本日事前公開された。カワサキブースはコンセプトモデルをはじめ、ワールドプレミアおよびジャパンプレミアの最新モデルを出品。“未来を創る Kawasaki Technology”を全体のテーマとして、カワサキの最新技術を力強くアピールしていた。まず、以前にもお伝えしている通り、ブース内は6つのコーナーに分けられている。川崎重工新技術コーナー、Zコーナー、ニンジャコーナー、エストレヤコーナー、おさわり&またがりコ…

 Go to post page

11月 20th, 2013 by カワサキイチバン編集部