[第8回]仏教伝来終点の地は日本?|今日はどこまで走ろうか?

飛鳥坐神社

アーティストの僕、落合がW800で全国を巡る旅をつづるこの企画。今回は奈良の明日香村を訪れた。インドで生まれた仏教が中国で広がった後に、朝鮮半島から海を越えてたどり着いた地は、極東の国・日本だった。生きた歴史を眼前にバイクで巡る明日香村日本を旅して回れば、必ず見付けられるものがある。その代表格が神社と寺だろう。日本の歴史を探るという僕のバイク旅はある意味、この2つなしでは成立しないといえる。日本が国として外国に認められ、その最初の都が奈良だ。僕はツーリング日和にゆっくりと、奈良の明日香村を訪ねて…

投稿 [第8回]仏教伝来終点の地は日本?カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [第3回]地元愛に満ちた“SAGA”を巡る
  2. [第4回]タバコの町“池田町”を巡る
  3. [第1回]歴史探訪に目覚める旅
  4. [第2回]君が代発祥の地、発見
  5. [第5回]神の山“和歌山”を回る
 Go to post page

11月 16th, 2018 by 落合 みつを

[W800 STREET/W800 CAFE]W800がSTREET/CAFE2つのバリエーションで復活! 国内販売は2019年春以降に予定

2019年モデル W800 STREET / CAFE

カワサキは2016年モデルを最後に生産を中止していたW800を、新たにW800 STREET/W800 CAFEとしてリリースすることをEICMA 2018にて発表した。新しくなったW800には、STREETとCAFEという2つのバリエーションモデルが設定されている。STREETはブラックに塗装されたエンジンや、アップライトポジションのハンドルバー、タックロールシートを装備しており、比較的シンプルな構成でまとめられているのに対し、CAFEはカウルの付いたヘッドライトやコンチハンドル、シングルシー…

投稿 [W800 STREET/W800 CAFE]W800がSTREET/CAFE2つのバリエーションで復活! 国内販売は2019年春以降に予定カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Z900RS CAFE]Z900RSに続きCAFEも2019年モデルが登場
  2. [Ninja ZX-14R ABS/HIGH GRADE]2019年モデル海外仕様発表。国内向けもスタンダード&ハイグレードともにブライトから発売
  3. [Z400/Z250]新型となる2019年モデルが登場。Ninjaに続きZにも待望の400ccモデル!
  4. [Z1000/R EDITION]2019年モデル海外仕様発表。スタンダードは国内仕様が、Rエディションはブライトから発売!
  5. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
 Go to post page

11月 12th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[2016]カワサキが、11月23日に代官山にて“Kawasaki MORNING CRUISE 2016”を開催 ※要事前申込

Kawasaki MORNING CRUISE 2016

カワサキモータースジャパンが11月23日(水・祝)に、東京都の代官山T-SITEにてミーティングイベント“Kawasaki MORNING CRUISE 2016”を開催する。“モーニングクルーズ”は、交通量の少ない日曜の朝にクルマ好きが集まるイベントとして定着しており、代官山T-SITEでのモーニングクルーズは、過去に48回の開催実績がある。毎回異なるテーマを設定しそれに沿った愛車を持つオーナーが一堂に会することが特徴で、今回は初の“オートバイ”がテーマの開催だ。ただし今回のイベントはカワサキ…

 Go to post page

10月 24th, 2016 by カワサキイチバン編集部

カワサキが、7月1日から『W800スペシャルクレジットキャンペーン』を実施中

W800スペシャルクレジットキャンペーン

カワサキが7月1日(金)から12月31日(土)までの期間中に、W800スペシャルクレジットキャンペーンを実施している。このキャンペーンは、先ごろ登場したW800ファイナルエディションの発売を記念して実施されているもので、指定期間中にクレジットを利用してW800シリーズ(年式不問)の新車を購入した場合に、支払い回数に応じた特別金利が適用されるものだ。特別金利は2つ設定されており、支払い回数が6〜36回の場合は1.9%、37〜60回の場合は2.9%(ともに実質年率)を利用することが可能となっている。…

 Go to post page

7月 4th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[W800 Final Edition]2016年モデルに、W3イメージの特別カラーをまとったファイナルエディションが登場

2016年モデル W800 Finale Edition

KLX250とDトラッカーXに続いて、W800にもファイナルエディションが発表された。今回発表されたW800ファイナルエディションでは、1973年に販売を開始した650RS W3のカラーリングを踏襲した特別カラー&グラフィックを採用。塗装工程までもW3と同様の手間暇をかけた4度塗りとし、段差の少ない美しい仕上がりとなっている。そのうえで、エンジン(ヘッドカバー・シリンダーヘッド・クランクケース)とフロント・リヤのハブはブラック仕上げとすることで、引き締まった印象に。また、専用デザインのシートやタ…

 Go to post page

6月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[W800/Special Edition]ニューカラーを採用した2016年モデルが登場

2016-w800

往年のノスタルジックなスタイルと現代のメカニズムが抜群のバランスで融合し、人気を博しているW800。その2016年モデルがこの度発表された。2016年モデルの変更点はカラー&グラフィックの変更のみ。スタンダードモデルはメタリックオーシャンブルー×パールアルパインホワイト、そしてスペシャルエディションはエボニーで、スタンダードモデルとスペシャルエディションの違いは以下となっている。 カラー&グラフィックの変更 シートデザインの変更 べベルギヤカバー、フューエルインジェクションカバー…

 Go to post page

7月 31st, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[W800 Limited Edition]2015年モデルに300台限定のリミテッドエディションが登場

2015年モデル W800 Limited Edition

トラディショナルなスタイルで絶大な人気を誇るW800。その2015年モデルにオリジナリティー溢れる外観が特徴的なリミテッドエディションが登場した。リミテッドエディションはベージュを基調としたさわやかなカラーリングが採用されており、それに合わせてエンジンもブラックに塗装されている。またシートおよび前後フェンダーも車体カラーに合わせてカラーリングの変更を受けているほか、サイドカバーには専用のエンブレム、さらにゴールドカラーがまぶしいカラーアルマイトホイールを採用するなど、随所にリミテッドの名にふさわ…

 Go to post page

3月 13th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[W800/Black Edition]2015年モデルはスタンダードに加え、ブラックエディションが発売

2015年モデル W800 / Black Edition

60年代から70年代にかけてのWシリーズを彷彿とさせるスタイルで人気のW800。その2015年モデルにブラックエディションが追加される。ブラックエディションは燃料タンクのグラフィックやエンブレム、さらにシートのパイピングやカワサキのロゴなど、車体と外装パーツの多くをダークグレーに配色。さらにベベルギアタワーやフューエルインジェクションカバーにリンクル塗装をほどこし、高級感を演出している。またスタンダードモデルにはグリーンとレッドを基調とした2パターンのカラーリングを採用。どちらのパターンも彩度を…

 Go to post page

8月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部

[W800 Chrome Edition]2014年モデルにChrome Editionが登場。往年のWシリーズのスタイルを現代風にアレンジ

2014年モデル W800 Chrome Edition

60年代後半から70年代前半にかけて発売されていたWシリーズを彷彿とさせるスタイルでラインナップされているW800。バーチカルツインエンジンの搭載に加え、メッキパーツを多用することで、レトロ感を前面に押し出しているモデルだ。今回発表されたW800 Chrome Editionは、さらにそのレトロ感を強くイメージさせる一台である。メーターハウジングからタンク、サイドカバーにかけて赤を基調とし、タンクサイドにはクロムメッキ塗装がほどこされているのだが、このグラフィックは、Wシリーズの初期型である19…

 Go to post page

3月 15th, 2014 by カワサキイチバン編集部