アクティブより、Ninja H2 SX/SE用のフェンダーレスキットが登場

アクティブ Ninja H2 SX/SE用 フェンダーレスキット

アクティブより、ニンジャH2 SX/SE(18年)に適合するフェンダーレスキットが販売を開始した。LEDナンバー灯が付属する本体はアルミ製のブラック仕上げとなっており、ニンジャH2 SX/SEのテールまわりをスッキリとした印象に仕上げてくれることだろう。なお、キットの取付には、別途リフレクターの購入が必要となるほか、純正ウインカーはそのまま使用可能なものの純正パニアケースと干渉してしまうため、別売りのアクティブLEDウインカーとの同時装着がオススメとのこと。Ninja H2 SX/SE用 フェン…

投稿 アクティブより、Ninja H2 SX/SE用のフェンダーレスキットが登場カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. アクティブより、ニンジャ1000(17〜)用のフェンダーレスキットが登場
  2. アクティブより、Ninja 250/400に対応するフェンダーレスキットがリリース
  3. アクティブより、Z900RS用のサブフレームが登場! その他専用パーツも多数ラインナップ
  4. ハリケーンから、Ninja 1000用のリヤキャリアがリリース
  5. リーズナブルな価格が魅力! ダブルアールズからニンジャ250用のフルエキゾーストマフラーが登場
 Go to post page

12月 13th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]2019年モデルは12/10より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみ

2019年モデル Ninja H2R

スーパーチャージドエンジンを搭載した、カワサキのクローズドコース専用モデル・Ninja H2Rの2019年モデル国内向け受注期間が発表されている。受注受付期間はNinja H2 CARBONと同様、2018年12月10日(月)〜2019年1月18日(金)で、出荷時期は2019年6月以降とのことだ。なお、車両に関しては基本的に2018年モデルを継続しつつ、フロントのブレーキキャリパーには、ブレンボ製の最新モノブロックブレーキキャリパー「Stylema」が採用されている。カラーリングや販売価格(59…

投稿 [Ninja H2R]2019年モデルは12/10より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  2. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  3. [Ninja H2R]2018年モデルの受注が9月5日よりスタート
  4. [Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日まで
  5. [Ninja 250/Ninja 400]東京モーターショー2017で世界初披露! すべてが生まれ変わった2018年モデル登場
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日まで

2019年モデル Ninja H2 CARBON

カワサキが誇る唯一無二のハイパースポーツモデル「Ninja H2」。そのカーボン外装モデルである「Ninja H2 CARBON」の2019年モデルの発売予定日や価格等の詳細がこの度発表されている。発売予定日は2019年6月1日で、価格は356万4,000円(税込)。ただしクローズドコース専用モデルであるNinja H2Rと同様に、2018年12月10日(月)〜2019年1月18日(金)までの受注受付期間を設けたモデルとなっており、受注数によっては早めに締め切る場合もあるとのこと。2019年モデ…

投稿 [Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日までカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  2. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  3. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  4. [Ninja 250/Ninja 400]東京モーターショー2017で世界初披露! すべてが生まれ変わった2018年モデル登場
  5. [VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップ
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

トリックスターより、Ninja 250/400用のバックステップが12月中旬から販売開始!

トリックスター Ninja 250/400(18) バックステップ

トリックスターより、ニンジャ250/400(18年)に適合するバックステップキットが登場。現在、先行受注が開始されており、2018年12月中旬よりデリバリーが開始される予定だ。ポジションはアップ16mm・バック10mmからアップ38mm・バック43mmまでの範囲で、10パターンに設定が可能となっている。5ポジション+ペダルバーの移動によりステップ位置を変更するタイプで、それに合わせてシフトロッドも2パターン(2本)が同梱されている。ポジション一覧 ポジション通常ペダルバー移動時 UPB…

投稿 トリックスターより、Ninja 250/400用のバックステップが12月中旬から販売開始!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. ケイズスタイルより、ミラーホルダーを活用したNinja 250/400用のナビマウントが登場!
  2. トリックスターより、新型Ninja 250用カスタムパーツが多数登場!
  3. トリックスターより、カワサキ車用のレバーガードセットが登場! M8ボルトのバーエンドに対応
  4. ハリケーンより、Ninja 250/400用のバーハンドルキットが登場
  5. トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2019年1月号

カワサキバイクマガジン2019年1月号(vol.135)が本日より発売される。巻頭特集は「カワサキブランド大行進」と題して、カワサキのストリート用モデル5ブランドを解説する。また発表されたばかりの新型Ninja ZX-6Rやヴェルシス1000など8機種のニューモデル情報を掲載。ほかニューモデルの発表の場となったINTERMOT 2018&EICMA2018の会場レポートや、各ブランドを代表するモデルのインプレッションをお届けする。また現行モデルを使って活躍するプロショップを紹介するコーナ…

投稿 カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. カワサキバイクマガジン2018年7月号、本日発売!
  2. カワサキバイクマガジン2018年11月号、本日発売!
  3. カワサキバイクマガジン2018年1月号、本日発売!
  4. カワサキバイクマガジン2017年7月号、本日発売!
  5. カワサキバイクマガジン2018年5月号、本日発売!
 Go to post page

12月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場

2019年モデル Ninja H2 SX SE+

イタリア・ミラノで開催中のオートバイ国際見本市・EICMA 2018にて、Ninja H2 SXシリーズの追加モデルとなるNinja H2 SX SE+が発表された。Ninja H2のツアラー版として昨年のEICMA 2017で発表されたNinja H2 SXおよびNinja H2 SX SEは、新設計のトレリスフレームにバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する、全世界唯一無二のハイスペック・スポーツツアラーだ。Ninja H2 SX SE+は、ハイグレードモデルであるNinja H2 S…

投稿 [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップ
  2. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  3. [Ninja ZX-10R/RR/R SE]カワサキの妥協なき改良。すべてはレースで勝つために
  4. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  5. [Ninja H2 SX/SX SE]話題のスーパーチャージドエンジン搭載ツアラーが遂に国内登場! 2018年3月1日より販売開始
 Go to post page

11月 8th, 2018 by カワサキイチバン編集部

トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着

フレームスライダー TYPE-D NINJA250/400(18)

トリックスターより、ニンジャ250/400(18年〜)に適合するフレームスライダー2種が登場した。転倒時の衝撃を車体をすべらせることで緩和し、車体へのダメージを最小限にするフレームスライダー。取り付けに際してはカウル加工不要で、簡単に装着することが可能だ。製品はタイプEとタイプDの2種類がラインナップされており、タイプDは三角形状のスライダーを、タイプEは横長形状のスライダーをそれぞれ採用いている。スライダー本体はジュラコン®製で、各所にTRICK☆STARロゴがあしらわれている。フレー…

投稿 トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. トリックスターより、カワサキ車用のレバーガードセットが登場! M8ボルトのバーエンドに対応
  2. アクティブより、Z900RS用のフレームスライダーが登場! サブフレームとの同時装着もOK
  3. トリックスターより、新型Ninja 250用カスタムパーツが多数登場!
  4. シート高20mmダウン! トリックスターより新型ニンジャ250/400用のローダウンリンクキットが登場
  5. ケイズスタイルより、ミラーホルダーを活用したNinja 250/400用のナビマウントが登場!
 Go to post page

11月 6th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-6R/KRT EDITION]新型2019年モデルの国内仕様詳細が発表

2019年モデル Ninja ZX-6R 国内仕様

先日のAIMExpoにて発表された、2019年モデル・新型Ninja ZX-6Rの国内仕様詳細がこの度発表されている。国内仕様のカラーリングは、メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックと、おなじみのKRT EDITIONとなるライムグリーン×エボニーの2色だ。気になる価格はそれぞれ価格差はなく132万8,400円(税込)で、発売予定日は2018年12月1日となっている。日本仕様の特徴として、この6RもETC2.0をフロントシート下に標準装備する。その他車両の詳細は以下の記事…

投稿 [Ninja ZX-6R/KRT EDITION]新型2019年モデルの国内仕様詳細が発表カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  2. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  3. [Ninja ZX-6R]新型2019年モデルが登場。新デザインおよびKQS&ブリヂストン製S22タイヤなど新装備多数
  4. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  5. [Ninja 250]新型の2018年モデルが2月1日より国内販売開始! CBR250RRやYZF-R25など、ライバルモデルたちとの違いとは?
 Go to post page

11月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

ノジマエンジニアリングより、Ninja ZX-14R用フルエキゾーストマフラーが登場

ノジマエンジニアリング Ninja ZX-14R ABS High Grade対応のGTシリーズ2本出しフルエキゾーストマフラー

オリジナルマフラーを製作するノジマエンジニアリングから、2016年モデル Ninja ZX-14R ABS High Grade対応のGTシリーズ2本出しフルエキゾーストマフラーがリリースされている。リリースされたのは美しい焼き色に黒真珠のような輝きを放つDLCサイレンサー仕様の『DLCチタン』と、焼け色の美しさを存分に楽しめるチタンサイレンサー仕様の『HEATチタン』の2種類。集合部にはおなじみのスパイラルコレクターを採用し、高速域では4-1のような伸びを、低中速域では4-2-1のようなフラッ…

 Go to post page

10月 18th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja ZX-14R用スリップオンマフラー“HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC”がリリース

ヨシムラ Ninja ZX-14R(2012〜) Slip-On HEPTA FORCEサイクロン EXPORT SPEC

オートバイパーツの製造やレース活動でも有名なヨシムラから、Ninja ZX-14R(2012〜)に対応するスリップオンマフラー「Slip-On HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC」がリリースされている。純正マフラーと同じく左右2本出しのダイナミックな見た目がポイントの同シリーズは、サイレンサー形状にシンメトリー7角形(Heptagon)を採用し、スリムながら迫力あるスタイルに仕上げられている。ちなみにこの“EXPORT SPEC”は、海外ユーザーのリクエストに応え、性能を…

 Go to post page

10月 14th, 2016 by カワサキイチバン編集部