[Ninja H2R]国内向け2017年モデルの注文受付開始は11月15日から

2017年モデル Ninja H2R

ニンジャH2シリーズのクローズドコース専用モデルであるニンジャH2R。今年のインターモト2016でデビュー3年目となる2017年モデルが発表され、オーリンズリヤショックやKCMF(カワサキコーナリングマネージメントファンクション)の新採用など、さらなる進化を遂げたその全貌に多くの注目が集まったのは記憶に新しいところだ。そのニンジャH2Rの日本国内向けの受注詳細情報がこのたび発表されている。2017年モデル・ニンジャH2Rの受注期間は2016年11月15日(火)〜2017年1月15日(日)で、価格…

 Go to post page

11月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]2017年モデルは装備が充実。さらに120台限定のカーボン仕様も!

Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R

2014年9月にセンセーショナルな登場を果たし、スーパーチャージドエンジン搭載という、現行モデルでは唯一無二の存在となっているNinja H2。クローズドコース専用モデルであるNinja H2Rとともに、カワサキが誇るスーパースポーツバイクとして今日まで話題に事欠かないモデルである。その2017年モデルが、現在ドイツ・ケルンで開催中のインターモト2016で発表されている。発表されたのはNinja H2と全世界120台限定のカーボン外装仕様であるNinja H2 Carbon、そしてNinja H…

 Go to post page

10月 5th, 2016 by カワサキイチバン編集部

Puigより、Ninja H2/H2R用のレーシングスクリーンがリリース

Puig RACING SCREEN(Ninja H2/H2R用)

スペインのパーツメーカー・Puig(プーチ)より、Ninja H2/H2R用のレーシングスクリーンがリリースされている。同社のボディパーツは、3Dシミュレーターや実走テスト、レースシーンなどからのフィードバックを元にデザインされており、抜群のウインドプロテクションを徹底的に追求。素材には強度にすぐれ透明度も高い3mm厚のアクリルを採用し、そのスマートなデザインにも注目だ。Puig RACING SCREEN(Ninja H2/H2R用)D-SMAKE、SMOKE、BLACK、GREEN、CLEA…

 Go to post page

9月 9th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

カワサキの有志社員によって結成されるチーム38が、ニンジャH2Rとともに世界的にも有名な最高速チャレンジ競技であるボンネビル・スピードウィークに参戦する。実は、チーム38は昨年もこの競技に挑戦する予定だった。しかし、異常気象によりコースが水没し、競技の開催そのものが中止となってしまった(昨年はその代わりとして、モハヴェ・マイルに参戦した)。今回のチャレンジは、そういう意味で昨年のリベンジともいえるだろう。昨年のモハヴェ・マイルでは、1マイル(約1.6km)到達時点で348.2km/hを記録し、ニ…

 Go to post page

6月 23rd, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]2016年モデルは11/1より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみ

2016-ninja-h2r

ニンジャH2のレーサー仕様・ニンジャH2Rの2016年モデルが、昨年に引き続き受注販売されることが発表された。受注期間は2015年11月1日〜2016年2月15日で、受付はNinja H2R 取扱指定店のみで可能となっている。2016年モデルのカラーリングは「ミラーコートスパークブラック×リアルカーボン」で、塗装には先ごろ発表されたニンジャH2と同じくガラスフレークを採用。さらにフレームなど2015年モデルでグリーンだった部分がシルバーへと変更されるなど、全体のイメージはほぼH2と同じ印象となっ…

 Go to post page

10月 29th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第44回 東京モーターショー 2015 カワサキブース情報!!

2015-44th-tokyo-motor-show

10月30日(金)〜11月8日(日)まで、東京ビッグサイトにて「第44回 東京モーターショー 2015」が開催される。言わずもがな、2年に1度開催される、国内外の二輪・四輪メーカーが集う、最新モデルの見本市である。その東京モーターショー 2015へのカワサキの出展内容を紹介する。今年のカワサキブースで打ち出されるキーワードは“RIDEOLOGY(ライディオロジー)”。これは、これまでカワサキが持ち続けてきた走り(RIDE)へのこだわりを表現したモノで、その世界観が車両やウエアに加え、歴代カワサキ…

 Go to post page

10月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]話題のモンスターレーサーがいよいよ国内販売決定!

[Ninja H2R]話題のモンスターレーサーがいよいよ国内販売決定!

驚くべきニュースが飛び込んできた。ニンジャH2Rが国内販売されるというのだ! 発表以来、大きな話題となっているニンジャH2/H2Rだが、このモデルは一般のモデルと違い、受注生産で販売され、ニンジャH2については昨年12月にすでに受注期間は終了している。この受注期間終了時、ショップが自店の在庫確保のために受注した分を除き、ニンジャH2/H2Rを入手することは不可能と、誰もが考えたに違いない。だが、クローズドコース専用モデルのニンジャH2Rが受注生産されることが決定されたのだ。今回の発表と同時にマシ…

 Go to post page

3月 19th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R/H2]スペシャルサイト更新。ついに公道バージョンの全貌が明らかに!

Ninja H2R/H2 - BUILT BEYOND BELIEF

かねてより話題となっている、カワサキが発表したスーパーチャージャー搭載マシン「ニンジャH2R」のスペシャルサイトが更新された。サイトにはすでにお披露目されているニンジャH2Rのほか、保安部品が付いた公道バージョン「ニンジャH2」も掲載されている。気になるスタイリングは、なんとヘッドライトがモノアイ仕様。さらにその左右には吸気のための大きなダクトが口を開け、なんとも威圧的な雰囲気となっている。詳しいレポートは後日改めて掲載するが、その迫力は想像以上。まずはこのスペシャルサイトで全貌を堪能して欲しい…

 Go to post page

11月 4th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[2014]ニンジャH2R発表で大反響! “INTERMOT 2014”カワサキブースレポート

2014_intermot_report

Text & Photos:Kiyoshi Nishimura※ドイツジャーナリスト連盟(DJV)会員、写真家9月30日にドイツ・ケルンで開催されたインターモト。そのプレスデーを取材してきた。世界最大規模となるバイクショーの目玉の一つは、文句なくニンジャH2Rだった。インターモト開催前からスペシャルウェブサイトで、一部ではあるがニンジャH2の情報が発信されており、プレス関係者もこのモデルに大きな関心を寄せていた。そしてプレスデー、プレスは懇意のメーカーの垣根を越えて集まり、午前10時半か…

 Go to post page

10月 7th, 2014 by カワサキイチバン編集部