[Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]2017年モデルは装備が充実。さらに120台限定のカーボン仕様も!

Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R

2014年9月にセンセーショナルな登場を果たし、スーパーチャージドエンジン搭載という、現行モデルでは唯一無二の存在となっているNinja H2。クローズドコース専用モデルであるNinja H2Rとともに、カワサキが誇るスーパースポーツバイクとして今日まで話題に事欠かないモデルである。その2017年モデルが、現在ドイツ・ケルンで開催中のインターモト2016で発表されている。発表されたのはNinja H2と全世界120台限定のカーボン外装仕様であるNinja H2 Carbon、そしてNinja H…

 Go to post page

10月 5th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

Puigより、Ninja H2/H2R用のレーシングスクリーンがリリース

Puig RACING SCREEN(Ninja H2/H2R用)

スペインのパーツメーカー・Puig(プーチ)より、Ninja H2/H2R用のレーシングスクリーンがリリースされている。同社のボディパーツは、3Dシミュレーターや実走テスト、レースシーンなどからのフィードバックを元にデザインされており、抜群のウインドプロテクションを徹底的に追求。素材には強度にすぐれ透明度も高い3mm厚のアクリルを採用し、そのスマートなデザインにも注目だ。Puig RACING SCREEN(Ninja H2/H2R用)D-SMAKE、SMOKE、BLACK、GREEN、CLEA…

 Go to post page

9月 9th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ドクターSUDAから、1,080円で買えるNinja H2用カスタムパーツが登場!

drsuda-ninjah2-seat-cowl-protector

エンジンチューニングでも有名なカワサキ正規取扱店のドクターSUDAからNinja H2用カスタムパーツ“シートカウルプロテクター”がリリースされた。Ninja H2の塗装は他のモデルに用いられていない特殊なもので、一般的に傷が目立ちやすいと言われている。外装やタンクは気にかけてチェックする人も多いだろうが、意外と見落としがちなのがシートカウルで、ETCの抜き差しで開閉したり、シートカウルを拭いたりするときにどうしても小傷が入りやすい。この問題のスペースにジャストサイズのプロテクターを製作したのが…

 Go to post page

12月 8th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2]ガラッとイメージを変えた2016年モデルが発表

2016-ninja-h2

スーパーチャージャーで過給をする998cc・並列4気筒エンジンを搭載したニンジャH2。今さら説明は不要なほど、今年のバイク業界の話題を一挙にさらっていった、カワサキが誇るスーパーバイクである。過給エンジンのもたらす圧倒的なパワー感はもちろんのこと、そのスタイリングも大きな注目ポイントで、中でもまるで鏡のように反射率の高い銀鏡塗装はニンジャH2のアイデンティティを構成するうえで、かなり大きな要素となっていることだろう。そんなニンジャH2の2016年モデルが発表された。一見すると、フレームの色がグリ…

 Go to post page

10月 29th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第44回 東京モーターショー 2015 カワサキブース情報!!

2015-44th-tokyo-motor-show

10月30日(金)〜11月8日(日)まで、東京ビッグサイトにて「第44回 東京モーターショー 2015」が開催される。言わずもがな、2年に1度開催される、国内外の二輪・四輪メーカーが集う、最新モデルの見本市である。その東京モーターショー 2015へのカワサキの出展内容を紹介する。今年のカワサキブースで打ち出されるキーワードは“RIDEOLOGY(ライディオロジー)”。これは、これまでカワサキが持ち続けてきた走り(RIDE)へのこだわりを表現したモノで、その世界観が車両やウエアに加え、歴代カワサキ…

 Go to post page

10月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部

トリックスターからNinja H2用レーシングスリップオンマフラーが登場!

trickstar-ninjah2

バイク販売や用品の企画・製造・販売を行なっているトリックスターから、Ninja H2用のスリップオンマフラーが発売された。Ninja H2本来のパフォーマンスを解き放つべく開発され、スタイルもNinja H2Rを彷彿とさせるデザインとなっている。サイレンサーは熟練の職人が一つずつ丁寧に作り上げ、焼き色を付けて仕上げている。チタン製ボディのサイレンサーは、純正の7.5kgに対して1.5kgと80%の軽量化を実現。パフォーマンスにおいても中速域で最大15馬力の出力向上とレスポンスの劇的な向上に成功し…

 Go to post page

7月 30th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]話題のモンスターレーサーがいよいよ国内販売決定!

[Ninja H2R]話題のモンスターレーサーがいよいよ国内販売決定!

驚くべきニュースが飛び込んできた。ニンジャH2Rが国内販売されるというのだ! 発表以来、大きな話題となっているニンジャH2/H2Rだが、このモデルは一般のモデルと違い、受注生産で販売され、ニンジャH2については昨年12月にすでに受注期間は終了している。この受注期間終了時、ショップが自店の在庫確保のために受注した分を除き、ニンジャH2/H2Rを入手することは不可能と、誰もが考えたに違いない。だが、クローズドコース専用モデルのニンジャH2Rが受注生産されることが決定されたのだ。今回の発表と同時にマシ…

 Go to post page

3月 19th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R/H2]スペシャルサイト更新。ついに公道バージョンの全貌が明らかに!

Ninja H2R/H2 - BUILT BEYOND BELIEF

かねてより話題となっている、カワサキが発表したスーパーチャージャー搭載マシン「ニンジャH2R」のスペシャルサイトが更新された。サイトにはすでにお披露目されているニンジャH2Rのほか、保安部品が付いた公道バージョン「ニンジャH2」も掲載されている。気になるスタイリングは、なんとヘッドライトがモノアイ仕様。さらにその左右には吸気のための大きなダクトが口を開け、なんとも威圧的な雰囲気となっている。詳しいレポートは後日改めて掲載するが、その迫力は想像以上。まずはこのスペシャルサイトで全貌を堪能して欲しい…

 Go to post page

11月 4th, 2014 by カワサキイチバン編集部