現代的なセンスで「日本」を感じよう 『にっぽんの暮らし展』

日本を現代的なセンスで感じられるエキシビジョン&ワークショップ『にっぽんの暮らし展』が代官山 蔦屋書店 『T-SITE ガーデンギャラリー』にて開催。伝統文化を新たな視点で見直すきっかけに。

 Go to post page

12月 27th, 2013 by ダカーポ編集部

江の島シーキャンドルライトアップ 冬の江の島、湘南の夜景と展望灯台のスワロフスキー

田中晃二の道草湘南《犬の鼻、猫の舌》 江の島シーキャンドルライトアップは2014年2月16日まで。クリスマス&お正月に、ぜひ点灯の瞬間を見にいってみませんか?

 Go to post page

12月 20th, 2013 by 田中 晃二

山口蓬春記念館 《山口蓬春と風景画・画家の愛した美しき日本のすがた》展 葉山一色の小径を歩けば聞こえるのは潮騒と風の音だけ

田中晃二の道草湘南《犬の鼻、猫の舌》 画家の邸宅が改装されて小さな美術館に生まれ変わった山口蓬春記念館。 《山口蓬春と風景画・画家の愛した美しき日本のすがた》展へ。

 Go to post page

12月 6th, 2013 by 田中 晃二

ホノルル美術館 ジョージア・オキーフとアンセル・アダムス展 ホノルルの青い空、オキーフの白い花 

田中晃二の道草湘南《犬の鼻、猫の舌》海外編が久しぶりに登場。ホノルル美術館 ジョージア・オキーフとアンセル・アダムス展へ。中庭の美しさにも注目。

 Go to post page

11月 19th, 2013 by 田中 晃二

『The Tastemakers & Co. 』秋のテーマは『small trades』 手間と時間をかけたモノの魅力ザ テイストメイカーズ&コー。

ライフスタイルショップ『ザ テイストメイカーズ&コー』。店名の由来、この秋のテーマは「スモールトレーズ」。職人的な手間と時間をかけた、限られた数しかできないモノを紹介しています。

 Go to post page

11月 14th, 2013 by ダカーポ編集部

第十回小寒:陶片に心遊ばせるは、在りし日の気配を用美で補う寒の入り。

「梵な道具を聴いてみる」第十回は、古窯跡から発掘された種々の陶片をご紹介。オブジェとして壁面を飾る粋人やせっせと土臭を抜き日々の酒肴を盛る数寄者まで、骨董ファンを魅了し続ける理由とは。

 Go to post page

1月 1st, 2013 by 中上 修作

第二回 立夏:新緑が目にまぶしいこの季節、寂びた古銅にみる緑青の色。

第二回は、緑青が目にも鮮やかな古銅の古物「高麗時代の砂張(さはり=銅と錫の合金)製の什器」をご紹介。寂びてから生まれる新しい価値観を、初夏の新緑になぞらえて。

 Go to post page

5月 2nd, 2012 by 中上 修作

Cabinet de Curiosités ― ハンスの魅惑の小部屋 展 開催中。

パリ在住のアーティスト、Hans Itoさんのパリのアトリエを新丸ビル4F『Délier IDÉE(デリエ イデー)』の一角に「ハンスの魅惑の小部屋」として再現しました。24日にはお茶会もあります。

 Go to post page

3月 23rd, 2012 by ダカーポ編集部

“ファティマの家”で、モロッコ雑貨とミントティーを。

キャットストリート裏に『dar Fatima』がオープン。モロッコの雑貨&カフェ。モロッコで作られるオリジナルのバブーシュやリネン、ラグなど100%モロッコの雑貨がいっぱい。

 Go to post page

2月 24th, 2012 by WEBダカーポ編集部

セレクトショップとフードの専門店でひと味ちがう『ルミネ有楽町』

『LUMINE 1』はB1F~7F (8F レストランフロアは2012年春オープン)、『LUMINE 2』はB2~4Fまで。全107店、巨大なランドマークビルに入った注目のお店をチェックして参りました。

 Go to post page

11月 4th, 2011 by バーバラ ウンフーフー