アクティブより、Ninja H2 SX/SE用のフェンダーレスキットが登場

アクティブ Ninja H2 SX/SE用 フェンダーレスキット

アクティブより、ニンジャH2 SX/SE(18年)に適合するフェンダーレスキットが販売を開始した。LEDナンバー灯が付属する本体はアルミ製のブラック仕上げとなっており、ニンジャH2 SX/SEのテールまわりをスッキリとした印象に仕上げてくれることだろう。なお、キットの取付には、別途リフレクターの購入が必要となるほか、純正ウインカーはそのまま使用可能なものの純正パニアケースと干渉してしまうため、別売りのアクティブLEDウインカーとの同時装着がオススメとのこと。Ninja H2 SX/SE用 フェン…

投稿 アクティブより、Ninja H2 SX/SE用のフェンダーレスキットが登場カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. アクティブより、ニンジャ1000(17〜)用のフェンダーレスキットが登場
  2. アクティブより、Ninja 250/400に対応するフェンダーレスキットがリリース
  3. アクティブより、Z900RS用のサブフレームが登場! その他専用パーツも多数ラインナップ
  4. ハリケーンから、Ninja 1000用のリヤキャリアがリリース
  5. リーズナブルな価格が魅力! ダブルアールズからニンジャ250用のフルエキゾーストマフラーが登場
 Go to post page

12月 13th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日まで

2019年モデル Ninja H2 CARBON

カワサキが誇る唯一無二のハイパースポーツモデル「Ninja H2」。そのカーボン外装モデルである「Ninja H2 CARBON」の2019年モデルの発売予定日や価格等の詳細がこの度発表されている。発売予定日は2019年6月1日で、価格は356万4,000円(税込)。ただしクローズドコース専用モデルであるNinja H2Rと同様に、2018年12月10日(月)〜2019年1月18日(金)までの受注受付期間を設けたモデルとなっており、受注数によっては早めに締め切る場合もあるとのこと。2019年モデ…

投稿 [Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日までカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  2. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  3. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  4. [Ninja 250/Ninja 400]東京モーターショー2017で世界初披露! すべてが生まれ変わった2018年モデル登場
  5. [VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップ
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップ

イタリア・ミラノで開催中のオートバイ国際見本市・EICMA 2018にて、新たな進化を遂げた新型・2019年モデルのヴェルシス1000が発表された。ヴェルシス1000は2011年11月のEICMA 2011にて発表された2012年モデルが初代となり、今回のモデルチェンジは2015年以来2度目となる。さらに2019年モデルではハイグレードモデルとなるヴェルシス1000 SEもラインナップ。これでヴェルシスシリーズもNinja ZX-10RやNinja H2 SXのバリエーション展開をなぞった形とな…

投稿 [VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  2. [Ninja 1000 ABS]大幅進化した2017年モデル・国内仕様がいよいよ登場
  3. [Ninja 1000]カラーリングを変更した2019年モデルが登場
  4. [Ninja 1000]新カラーを採用した2018年モデルが9月1日より販売開始
  5. 全国のカワサキプラザで「Ninja 1000 プレミアム試乗・商談フェア」開催中! 10月31日まで
 Go to post page

11月 7th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 1000/Z1000SX/ABS]さらなる高みを目指して進化した2017年モデルが登場

2017年モデル Ninja 1000 ABS (ZX1000W)※欧州一般仕様

2010年10月の登場以来、リッタークラス・スポーツツアラーの確固たる地位を築いてきたNinja 1000(欧州名Z1000SX)。長距離ツーリングの快適性を追求しながらも、スポーツ性能を損なわない抜群のパッケージングをもとに、多くのライダーを魅了してきた人気モデルである。その2017年モデルが、現在ドイツ・ケルンで行なわれているインターモト2016にて発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のABSモデルで、2014年モデルでの大幅な刷新以来3年ぶりとなるフルモデルチェンジが施されている。…

 Go to post page

10月 6th, 2016 by カワサキイチバン編集部

アクティブより、ZX-10R用のフェンダーレスキットがリリース

アクティブ Ninja ZX-10R ABS(16〜)用 フェンダーレスキット

さまざまなカスタムパーツをリリースするアクティブから、Ninja ZX-10R ABS(16〜)用のフェンダーレスキットがリリースされている。縦剛性に優れた3ピース構造を採用し、耐振動性を向上させているこのフェンダーレスキットは、ナンバーの視認性を損なわない角度を維持しつつ、車検にも対応。カプラーオンで装着可能なLEDナンバー灯仕様となっているほか、サイドステーには配線をスマートに収めるためのくぼみが設けられている。素材は軽量かつ高剛性のアルミ製だ。Ninja ZX-10R ABS(16〜)用 …

 Go to post page

9月 13th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ボスコムからバックフォグ機能を搭載したリアウインカーが登場

ボスコム バックフォグ機能搭載 リアウインカー

ボスコムジャパンのLEDウインカーシリーズに「バックフォグ」機能を搭載したリアウインカーが登場した。「バックフォグ」機能とはブレーキランプとウインカーが赤く点灯することにより、後方車に自車の存在を大きくアピールする機能である。夜間や悪天候など、視界の悪い状況でも非視認性を高めることで安全性を確保するのが目的であり、特に投影面積の小さいオートバイにとっては有効な手段である。この製品は企画・製造ともに日本国内で行なっており、全体のバランスを考えて作られたLEDウインカーは、本体にジャストサイズの専用…

 Go to post page

8月 19th, 2014 by カワサキイチバン編集部

ボスコムジャパンの人気LEDウインカーシリーズにZX-14R用が登場

Ninja ZX-14R用デイライト機能内蔵LEDウインカー

ボスコム製LEDウインカーシリーズに、Ninja ZX-14R用が登場した。定番となったウェルカムモードはもちろんのこと、専用スイッチで点滅の種類を簡単に変更することができるなど、ライダーの所有欲をくすぐる多彩な演出が可能となっている。カラーはHIDと相性の良いクールホワイト色のLEDを採用。HIDのファッション性と実用性が良好な5500K前後の色温度に合わせることで、ヘッドライトとポジションランプの一体感を演出する。カプラーオンで誰でも気軽に装着することができ、アフターサポートも万全のメイドイ…

 Go to post page

10月 17th, 2013 by カワサキイチバン編集部

ボスコムジャパンのLEDフロントウインカーシリーズに、Ninja 250、ZX-6R、1400GTR用が登場

ボスコムジャパンのLEDフロントウインカーシリーズに、Ninja 250、ZX-6R、1400GTR用が登場

LEDウインカーの企画・製造・販売を行なっているボスコムジャパンから、Ninja 250、Ninja ZX-6R、1400GTR各車用のフロントウインカーが発売される。一足先に発売されたNinja 1000同様、電力消費の少ないLEDを使ったウインカーにポジション機能を付帯。ウインカーの点滅は専用スイッチでモード変更が可能となっており、数種のパターンから簡単に選択が可能だ。メインキーをONにすれば、独自の点灯でオーナーを出迎えるオープニングモードを搭載。ポジション色はクールホワイトのLEDを選定…

 Go to post page

8月 6th, 2013 by カワサキイチバン編集部