[Ninja ZX-6R/KRT EDITION]新型2019年モデルの国内仕様詳細が発表

2019年モデル Ninja ZX-6R 国内仕様

先日のAIMExpoにて発表された、2019年モデル・新型Ninja ZX-6Rの国内仕様詳細がこの度発表されている。国内仕様のカラーリングは、メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックと、おなじみのKRT EDITIONとなるライムグリーン×エボニーの2色だ。気になる価格はそれぞれ価格差はなく132万8,400円(税込)で、発売予定日は2018年12月1日となっている。日本仕様の特徴として、この6RもETC2.0をフロントシート下に標準装備する。その他車両の詳細は以下の記事…

投稿 [Ninja ZX-6R/KRT EDITION]新型2019年モデルの国内仕様詳細が発表カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  2. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  3. [Ninja ZX-6R]新型2019年モデルが登場。新デザインおよびKQS&ブリヂストン製S22タイヤなど新装備多数
  4. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  5. [Ninja 250]新型の2018年モデルが2月1日より国内販売開始! CBR250RRやYZF-R25など、ライバルモデルたちとの違いとは?
 Go to post page

11月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Z125 PRO KRT Edition]2016年モデルに台数限定の特別仕様が追加

2016年モデル Z125 PRO KRT Edition

Zシリーズの末弟として、2015年10月末に発表されたZ125/Z125 PRO。翌年の2016年には国内仕様(Z125 PRO)もリリースされ、現在まで好調なセールスを続けている。そのZ125 PROの2016年モデルに、限定仕様として“KRT Edition”が追加発売される。今回発表された“KRT Edition”は、既に販売されているNinja 250やNinja 250SLの同仕様と同様のスタイルで、WSBKレーサーイメージのカラーリングや「Kawasaki Racing Team」の…

 Go to post page

9月 30th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250 ABS]2017年モデルにSBKマシンを彷彿させるKRT Winter Test Editionが登場

2017年モデル Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition

カラーバリエーションを変更した2017年モデルが発表されたばかりのニンジャ250に、SBK(スーパーバイク世界選手権)マシンを彷彿させるニンジャ250 ABS KRT ウインターテストエディションが新たに追加される。今回発表されたニンジャ250 ABS KRT ウインターテストエディションは、KRT(カワサキレーシングチーム)が、SBKマシンの冬季テスト時に使用したカラーリング&グラフィックがモチーフとなる。スクリーン下部には雪の結晶とその中に“冬”の漢字をあしらったマークが、タンク部とフロント…

 Go to post page

9月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250/ABS Special Edition/ABS KRT Edition]2017年モデルのカラーリングが一挙に発表!!

2017年モデル Ninja 250

2016年モデルからカラー&グラフィックを変更した2017年モデルのニンジャ250シリーズが、2016年9月1日から販売を開始する。2017年モデルのニンジャ250シリーズはスタンダードモデルが2色、ABSスペシャルエディションが1色、ABS KRTエディションが1色の計4色での展開となる。そのほか、主要諸元や販売価格などに変更はない。ニンジャ250は、2017年モデルではブルー・ブラック×グレーの2色をラインナップ。フロントカウルやシートカウルなどにグレーをあしらうとともに、グラフィックにもグ…

 Go to post page

8月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250SL/ABS KRT Edition]2016年モデル・国内仕様発表。ABS搭載のKRTエディションも

Ninja 250SL/ABS KRT Edition

SL(Super Light)の名のとおり、スリムな車体に軽快な走りが持ち味のニンジャ250SL。その2016年モデル・国内仕様がこの度発表された。変更点はカラーラインナップの一新で、2015年モデルとは打って変わり、ブラックとブルーの2色のラインナップに。さらに昨年海外仕様として発表されているカラーリングをKRTエディションと称して、ABS付きで発売する。ほか2016年モデルでは、タンデムステップが取り外し可能に変更されているが、その他の主な仕様および諸元に変更はない模様。KRTエディションと…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]カワサキモーターサイクルフェア〜カワサキを愛するライダーたち〜 レポート

2016-kawasakiworld-motorcycle-fair_report

兵庫県は神戸海洋博物館内のカワサキワールドにて、2016年2月9日から開催中の「カワサキモーターサイクルフェア〜カワサキを愛するライダーたち〜」。カワサキワールドでは、過去にもニンジャフェアやZフェア、Wフェアなどさまざまなテーマの特別展示が行なわれている。そんな中今回のテーマでは、カワサキに乗る著名人の愛車や、テレビドラマなどで実際に使用された車両を展示しつつ、イラスト展やアニメ展も同時開催し、「さまざまなアプローチでオートバイの持つ世界を感じ取ってもらいたい」といった趣旨の特別展示が行なわれ…

 Go to post page

2月 19th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250 ABS KRT Edition]SBK優勝を記念して2016年モデルに特別仕様が加わる

2016-ninja250abs-krt

ニンジャ250はZX-6RやZX-10Rにも劣らない洗練されたルックスと、250ccクラス初となるアシスト&スリッパークラッチの採用など、昨今流行を見せる250ccスポーツモデルを代表するモデルである。そのニンジャ250の2016年モデルに“KRTエディション”が登場。これは、スーパーバイク世界選手権(SBK)でカワサキレーシングチーム所属のジョナサン・レイ選手が見事、2016年シーズンの年間チャンピオンを獲得するとともに、カワサキが念願のマニファクチャラーズタイトルに輝いたことを記念したモノで…

 Go to post page

10月 9th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-6R/ABS]2016年モデルにSBK優勝を記念した特別仕様が登場

2016-ninja-zx6r-krt

2013年モデルから排気量を599ccから636ccへとアップさせたことにより、ストリートでの高い扱いやすさが評価されているZX-6R。その16年モデルに、スーパーバイク世界選手権(SBK)でカワサキレーシングチームが使用しているZX-10Rをイメージしたライムグリーンとブラック基調のグラフィックをまとった“KRTエディション”が登場。これは、同チーム所属のジョナサン・レイ選手が16年シーズンの年間チャンピオンに輝くとともに、カワサキ初のマニファクチャラーズタイトルの獲得を記念したモデルとなる。…

 Go to post page

10月 9th, 2015 by カワサキイチバン編集部