[KLX125]2016年モデルはライムグリーンとホワイトの2色

2016-klx125

軽量コンパクトな車体に、パンチのある125ccエンジンを搭載したデュアルパーパスモデル・KLX125。その2016年モデルがこの度発表された。カラーはブラックが廃止となり、代わりにブライトホワイトが追加。グラフィック以外は、ほぼ2013年モデルと同じ構成となる。性能および諸元に変更はない。2016年モデル KLX125SPECIFICATIONS 車名(通称名) KLX125 マーケットコード KLX125CGF 型式 EBJ-LX125C…

 Go to post page

9月 1st, 2015 by カワサキイチバン編集部

[KLX125]2015年モデルはカラーパターンを継承

2015年モデル KLX125

軽量コンパクトで且つ扱いやすいエンジンと車体のため、オフロードの入門モデルとして最適なKLX125。バイクに乗り慣れた人なら、性能を扱い切る楽しさも存分に味わえる小型デュアルパーパスモデルだ。その2015年モデルがこの度発表された。変更点はカラー&グラフィックで、2014年のカラーパターンはそのままに、シュラウドなどに配されたモデル名デザインとグラフィックを変更している。さらにシート表皮にも変更が加えられ、側面には“Kawasaki”のロゴも追加された。性能と諸元に変更はない。2015年モデル …

 Go to post page

9月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部

[KLX125]KXシリーズと共通グラフィックを採用した2014年モデルが登場

[KLX125]KXシリーズと共通グラフィックを採用した2014年モデルが登場

軽量コンパクトな車体を活かし、アクティブな走りが楽しめるKLX125。手ごろなデュアルパーパスモデルとして、林道ツーリングから市街地走行まで幅広いシーンで活躍してくれる1台だ。今回発表された2014年モデルはカラー&グラフィックのみの変更となり、すでに発表されているKXシリーズおよびKLX250と同様のグラフィックパターンが採用されている。カラーバリエーションは新デザインのライムグリーンと、昨年のホワイトに代わってエボニーの2色が発表された。性能及び諸元に変更はない。SPECIFICATIONS…

 Go to post page

9月 1st, 2013 by カワサキイチバン編集部

[KLX125]2013年モデルはライムグリーンとホワイトの2色

2013年モデル KLX125

125ccクラスのエンジンを軽量コンパクトな車体に搭載したデュアルパーパスモデル・KLX125。車体、エンジンともに扱いやすく、ビギナーからベテランまで幅広い支持を集めるモデルだが。その2013年モデルは、性能および諸元は前年モデルを継続しつつ、カラーチェンジのみが行なわることとなった。カラーはブラックが廃止となり、代わりにブライトホワイトが追加された。ライムグリーンは継続して販売されるが、2012年モデルではカウルやフェンダーもすべて同色としていたのに対し、2013年モデルではメーターバイザー…

 Go to post page

8月 1st, 2012 by カワサキイチバン編集部