ノジマエンジニアリングのスクリーンに、GPZ900R/750R用が登場

ノジマスクリーン GPZ900R/750R用

ノジマエンジニアリングがリリースするオリジナルスクリーン・ノジマスクリーンのラインナップにGPZ900R/750R用が登場した。ノジマスクリーンは、ノーマルのルックスを妨げないシンプルな形状ながら、高い風防効果を目指して開発されているところがポイントとなる製品だ。スクリーンのエンド部は軽いスポイラー形状となっており、クリアな視界とともにニンジャでのツーリングをより快適にしてくれるアイテムと言えるだろう。カラーはスモークのみで、価格は1万5,000円(税抜)となっている。ノジマ スクリーン適合車種…

投稿 ノジマエンジニアリングのスクリーンに、GPZ900R/750R用が登場カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. GPZ900R/750Rに造詣が深いカスタムショップ「ブルドッカータゴス」が移転オープン
  2. MRAより、Ninja 650(17~18)用のスクリーン2タイプが登場
  3. ノジマエンジニアリングのZRXシリーズ対応スクリーンにミラーコートタイプが新登場
  4. ハリケーンより、Z125 PRO用パーツが続々リリース
  5. MRAより、VERSYS-X250用のツーリングスクリーン2タイプが登場
 Go to post page

11月 23rd, 2018 by カワサキイチバン編集部

スペックエンジニアリングより、GPZ900R用ピストンキットがリリース

GPZ900R専用 純正オーバーサイズピストンキットφ73mm

GPZ900Rの専門店として様々なパーツをリリースしているスペックエンジニアリングより、同車用純正オーバーサイズピストンキットがリリースされている。このピストンキットはGPZ900Rの純正ピストンやシリンダーが生産終了を迎えたことを受けて開発され、コンセプトは純正オーバーサイズピストンの代替パーツという位置づけだ。GPZ900Rをこれからも安心して走らせるために、欠かせない根幹パーツだけに、同社の並々ならぬ使命感があふれた製品となっている。設計はすべて純正品に準じており、生産は国内にて行なってい…

 Go to post page

9月 12th, 2016 by カワサキイチバン編集部

しゃぼん玉から、Ninjaのアッパーカウルをドレスアップするカーボンパーツがリリース

しゃぼん玉から、Ninjaのアッパーカウルエンドをドレスアップするカーボンパーツがリリース

愛知県に2店舗を構える大型二輪用品店・しゃぼん玉から、GPZ900R/750R用のカーボンアッパーカウルエンドがリリースされている。この製品はGPZ900R/750Rのセンターカウルを取り外した際に、むき出しとなってしまうセンターカウル装着用のねじ穴部分を覆うパーツである。ボルトオンにて装着が可能となっており、大型のラジエターを装着した車両にも対応している。ただし一部のラジエターでは加工が必要な場合もあるほか、ノーマルのセンターカウルが装着できない社外のアッパーカウルには対応していないとのこと。…

 Go to post page

10月 22nd, 2013 by カワサキイチバン編集部

モーターラボより、GPZ/ZZR/ZRX系用クラッチ&パルサーカバーが登場

モーターラボより、GPZ/ZZR/ZRX系用クラッチ&パルサーカバーが登場

ビレットパーツの開発や製作、また既製部品のメッキ、アルマイト処理などを得意とするモーターラボから、GPZ/ZZR/ZRX系の車両に装着することが可能な、クラッチカバーがリリースされた。素材はどちらもジュラルミン製で、純正パーツに比べ大幅な軽量化が実現されているほか、オイルラインを内蔵することによって、見た目にもすっきりとしたデザインに仕上げられている。またクラッチカバーとフィラーキャップにはワイヤリング用の穴があらかじめ設けられているので、レースやメンテナンス時のワイヤリング処理も加工なしで行な…

 Go to post page

7月 3rd, 2013 by カワサキイチバン編集部