[Ninja 650/ER-6f/ABS]新色を含む2016年モデルカラー・3色が発表

2016-ninja650

ニンジャファミリーの中でもミドルレンジに位置するニンジャ650。2012年モデルでフルモデルチェンジを果たし、ツーリングを快適にこなしつつもスポーツ性能を損なわない、オールマイティな走りが魅力のモデルである。その2016年モデルがこの度発表された。2016年モデルはカラーチェンジのみにとどまった。採用されたのはキャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック、メタリックカーボングレー、そしてキャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラックの3色。主な性能および諸元に変更はない。2016…

 Go to post page

7月 1st, 2015 by カワサキイチバン編集部

ボスコムからバックフォグ機能を搭載したリアウインカーが登場

ボスコム バックフォグ機能搭載 リアウインカー

ボスコムジャパンのLEDウインカーシリーズに「バックフォグ」機能を搭載したリアウインカーが登場した。「バックフォグ」機能とはブレーキランプとウインカーが赤く点灯することにより、後方車に自車の存在を大きくアピールする機能である。夜間や悪天候など、視界の悪い状況でも非視認性を高めることで安全性を確保するのが目的であり、特に投影面積の小さいオートバイにとっては有効な手段である。この製品は企画・製造ともに日本国内で行なっており、全体のバランスを考えて作られたLEDウインカーは、本体にジャストサイズの専用…

 Go to post page

8月 19th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 650/ER-6f/ABS]2015年モデルのカラーリングが発表

2015年モデル Ninja 650

パラレルツインエンジンを搭載し、ニンジャシリーズの中堅モデルとして人気の高い、ニンジャ650およびER-6fの2015年モデルがこのたび発表された。2015年モデルの変更点はカラーリングのみで、性能や諸元に変更はない。カラーリングはいずれもブラックをベースとしたツートンカラーとなっており、リヤショックのスプリングがグリーンになるなど、遊び心を取り入れつつも、全体的にはシンプルで落ち着いた雰囲気にまとめられている。なお、ABS付きモデルも継続してラインナップする。2015年モデル Ninja 65…

 Go to post page

7月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 650/ER-6f/ABS]ジャストサイズが心地いいミドルニンジャ。2014年モデルでは燃料タンクの配色を変更

[Ninja 650/ER-6f/ABS]ジャストサイズが心地いいミドルニンジャ。2014年モデルでは燃料タンクの配色を変更

現代のニンジャシリーズの中核を担う、フルカウルモデル・ニンジャ650。スポーティな走りからツアラー的な走りまで、幅広いシーンを楽しむことができる一台だ。今回2014年モデルとして発表となったのは全部で3色。グリーン系のキャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラックは、タンクの配色が2013年モデルから変更となっている。またブラック系はやや明るいグレーをメインカラーとしつつ、リヤショックをゴールドからシルバーへと変更。そして新たにオレンジ系のキャンディバーントオレンジ×メタリックフラ…

 Go to post page

9月 2nd, 2013 by カワサキイチバン編集部