構想10年を経て誕生した イジメと復讐の青春活劇『華魂』

『乱歩地獄・芋虫』や『名前のない女たち』など日常にひそむ狂気、剥きだしの人間性をハードな映像で描く佐藤寿保監督の最新作『華魂』。プロデューサーの小林良二さんにお話をうかがいました。

 Go to post page

1月 7th, 2014 by 大友 麻子

名乗らない少女と長距離トラックドライバーのロード・ムービー アニエスベーことA・トゥルブレ監督 『私の名前は…』について。

映画をこよなく愛し常に支援を惜しまずプロデューサーとしても活躍してきたファッションデザイナー『アニエスべー』。遂に映画監督デビューです。髙野てるみさんによるインタビュー。

 Go to post page

12月 27th, 2013 by 髙野 てるみ

ジム・ジャームッシュ『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』日常会話は歴史の中のロマン。ジャームッシュが描くヴァンパイア

ジム・ジャームッシュ監督の最新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』。不死の存在であるヴァンパイアだけに許された「歴史」のロマンとファンタジー。

 Go to post page

12月 20th, 2013 by 澁谷 悠

余韻ほのぼの おじいちゃんの里帰り Y・サムデレリ監督 インタビュー

『おじいいちゃんの里帰り』はドイツで暮すトルコ移民の少年チェンク一家の物語。ユーモラスなエピソード満載で各国でロングランヒット。監督のヤセミン・サムデレリさんに話をうかがいました。

 Go to post page

12月 16th, 2013 by ダカーポ編集部

映画『四十九日のレシピ』タナダユキ監督インタビュー演じ手に葛藤を求める役柄

亡くなった母のため四十九日の大宴会開催を決心した父と娘。形見の「暮らしのレシピカード」片手に少しづつ心の穴を埋めていく物語 『四十九日のレシピ』。監督のタナダユキさんにインタビュー。

 Go to post page

11月 18th, 2013 by ダカーポ編集部

福間雄三×髙野てるみ 対談
 時代を超えて心に響く 
太宰 治の言葉。

「映画」、「本」で太宰への新たなアプローチを試みた『女生徒・1936』福間雄三監督と『恋愛合格! 太宰治のコトバ66』著者 髙野てるみさん。製作の舞台裏と太宰の魅力について語り合いました。

 Go to post page

11月 8th, 2013 by ダカーポ編集部

和洋折衷、取り合わせの妙 『NEW利休BAG』

古今東西の妙趣あふれる布地を独自のセンスで取り合わせ、京都の職人さんたちが至高の技術で仕上げる1点もののバッグ『NEW利休BAG』。デザイナーの横森美奈子さんにお話をうかがいました。

 Go to post page

1月 1st, 2013 by ダカーポ編集部

『マリー・アントワネットに別れを告げて』レア・セドゥもその気にさせた、 B・ジャコー監督の男のオーラとは。

レア・セドゥを起用した『マリー・アントワネットに別れを告げて』。旬の女優を起用、女性を描かせたら右に出る人はいないと言われる凄腕のブノワ・ジャコー監督にインタビュー。

 Go to post page

12月 14th, 2012 by 髙野 てるみ

時代に欠落した音を探し続ける 作曲家、三宅純。

6月30日、新宿文化センター大ホールで開催『PINA BAUSCH TRIBUTE 映像と音楽で綴る舞踊家ピナ・バウシュの軌跡』。その内容とコンサートの監修者、作曲家・三宅純さんの原点について。

 Go to post page

5月 15th, 2012 by 大河内 善宏

知的なアプローチでコレオグラフ振付稼業 air:man インタビュー。

木村カエラ『RIng a Ding Dong』、きゃりーぱみゅぱみゅ『PONPONPON』、チョーヤ『酔わないウメッシュ』の共通点とは? 振付嫁業 air:man によるコレオグラフなのです。

 Go to post page

4月 27th, 2012 by ダカーポ編集部