[VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップ

イタリア・ミラノで開催中のオートバイ国際見本市・EICMA 2018にて、新たな進化を遂げた新型・2019年モデルのヴェルシス1000が発表された。ヴェルシス1000は2011年11月のEICMA 2011にて発表された2012年モデルが初代となり、今回のモデルチェンジは2015年以来2度目となる。さらに2019年モデルではハイグレードモデルとなるヴェルシス1000 SEもラインナップ。これでヴェルシスシリーズもNinja ZX-10RやNinja H2 SXのバリエーション展開をなぞった形とな…

投稿 [VERSYS 1000/SE]新型2019年モデル発表。電制機能満載のハイグレードモデル・SEもラインナップカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2 SX SE+]SX SEにさらに電制サスほか豪華装備をプラスした、第3のモデルが登場
  2. [Ninja 1000 ABS]大幅進化した2017年モデル・国内仕様がいよいよ登場
  3. [Ninja 1000]カラーリングを変更した2019年モデルが登場
  4. [Ninja 1000]新カラーを採用した2018年モデルが9月1日より販売開始
  5. 全国のカワサキプラザで「Ninja 1000 プレミアム試乗・商談フェア」開催中! 10月31日まで
 Go to post page

11月 7th, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Z1000 ABS R Edition]2017年モデルに豪華装備をプラスした特別仕様車が登場

2017年モデル Z1000 ABS R Edition

先頃発表された2017年モデルのZ1000 ABSに、新たに特別仕様の“R Edition”が追加発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のABS装着モデルで、EICMA(イタリア・ミラノ)での発表が示唆されているZ650およびZ900と同じく「REFINED RAW」のキャッチコピーとともに同一のビジュアル展開がされており、大変興味深いところである。(参考)カラーはメタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレーの1色のみで、標準仕様と“R Edition”の機能上の違いとして2点…

 Go to post page

10月 27th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z1000 ABS]各部をリファインした2017年モデルが登場

2017年モデル Z1000 ABS

カワサキZシリーズの頂点に君臨し、“Sugomiデザイン”と“Sugomiパフォーマンス”というデザイン・機能を両立させたコンセプトを具現化しているZ1000。単なるネイキッドでは飽き足らないライダーたちから多くの支持を集めている、ハイパフォーマンス・ネイキッドである。その2017年モデルがこのたび発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のABS装着モデルで、カラーはメタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーンとキャンディバーントオレンジ×フラットエボニーの2色だ。外観上はカラー…

 Go to post page

10月 5th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 400/ABS Special Edition]カラーバリエーションを一新した2017年モデルが発表

2017年モデル Ninja 400

カラーバリエーションを一新した2017年モデルのニンジャ400/ABS スペシャルエディションが発表された。2016年モデルのニンジャ400/ABS スペシャルエディションは、スタンダードモデルに1色(グレー)、ABS スペシャルエディションに2色(ブルー×ブラック・レッド×ブラック)の計3色での展開であったが、2017年モデルではスタンダードモデルに2色(グレー×ブラック・オレンジ×ブラック)、ABS スペシャルエディションに1色(グレー×ブラック)というカラー展開となる。専用カラー&グラフィ…

 Go to post page

9月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250 ABS]2017年モデルにSBKマシンを彷彿させるKRT Winter Test Editionが登場

2017年モデル Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition

カラーバリエーションを変更した2017年モデルが発表されたばかりのニンジャ250に、SBK(スーパーバイク世界選手権)マシンを彷彿させるニンジャ250 ABS KRT ウインターテストエディションが新たに追加される。今回発表されたニンジャ250 ABS KRT ウインターテストエディションは、KRT(カワサキレーシングチーム)が、SBKマシンの冬季テスト時に使用したカラーリング&グラフィックがモチーフとなる。スクリーン下部には雪の結晶とその中に“冬”の漢字をあしらったマークが、タンク部とフロント…

 Go to post page

9月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-10R ABS]新色を追加した2017年モデルが発表

2017年モデル Ninja ZX-10R ABS

2016年に大がかりなモデルチェンジを受け、市販二輪車としては世界初となるサブタンク付きのショーワ製バランスフリーフロントフォークを採用するなど、大きな話題を呼んだ新型Ninja ZX-10R ABS。SBK(スーパーバイク世界選手権)でもジョナサン・レイ選手とトム・サイクス選手がそれぞれランキング1位&2位につけて(2016年8月時点)おり、その戦闘力の高さが証明されている。今回、そのNinja ZX-10R ABSに新色となるパールブリザードホワイト×メタリックフラットロウチタニウム…

 Go to post page

9月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja ZX-14R ABS/ZZR1400 ABS]2017年モデルではハイグレードとの二本立てはそのままにカラー&グラフィックを変更

2017年モデル Ninja ZX-14R ABS

カワサキの旗艦・Ninja ZX-14R ABSの2017年モデルが発表された。今回リリースがあったのは、欧州一般仕様とオーストラリア仕様、アメリカ仕様の3種類で、いずれも2016年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのリニューアルにとどまるようだ。2016年モデルのNinja ZX-14R ABSで新たに採用されたスタンダードモデルとハイグレードモデルという2本立てのラインナップは2017年モデルでも継続。そのうえで、スタンダードモデルではブラックベースのカラーリングはそのままに、スクリー…

 Go to post page

8月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250/ABS Special Edition/ABS KRT Edition]2017年モデルのカラーリングが一挙に発表!!

2017年モデル Ninja 250

2016年モデルからカラー&グラフィックを変更した2017年モデルのニンジャ250シリーズが、2016年9月1日から販売を開始する。2017年モデルのニンジャ250シリーズはスタンダードモデルが2色、ABSスペシャルエディションが1色、ABS KRTエディションが1色の計4色での展開となる。そのほか、主要諸元や販売価格などに変更はない。ニンジャ250は、2017年モデルではブルー・ブラック×グレーの2色をラインナップ。フロントカウルやシートカウルなどにグレーをあしらうとともに、グラフィックにもグ…

 Go to post page

8月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250SL/ABS KRT Edition]2016年モデル・国内仕様発表。ABS搭載のKRTエディションも

Ninja 250SL/ABS KRT Edition

SL(Super Light)の名のとおり、スリムな車体に軽快な走りが持ち味のニンジャ250SL。その2016年モデル・国内仕様がこの度発表された。変更点はカラーラインナップの一新で、2015年モデルとは打って変わり、ブラックとブルーの2色のラインナップに。さらに昨年海外仕様として発表されているカラーリングをKRTエディションと称して、ABS付きで発売する。ほか2016年モデルでは、タンデムステップが取り外し可能に変更されているが、その他の主な仕様および諸元に変更はない模様。KRTエディションと…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z250 ABS]2016年モデルの国内仕様は“黒”で造形美を主張

2016-z250-abs

ニンジャ250のエンジン&シャシーをベースに、個性を主張する異形ヘッドライトや大型のシュラウドなど、Zシリーズらしいアグレッシブなスタイリングを与えられたZ250。2015年モデルでは、軽快なクラッチ操作や、急激なエンジンブレーキによるリヤタイヤのホッピングの抑制などに貢献するアシスト&スリッパークラッチを新採用したことも記憶に新しい。そのZ250にこのたび2016年モデルが発表された。先頃発表された海外仕様の中から国内仕様として採用されたカラーリングはメタリックスパークブラック×メタリックフラ…

 Go to post page

12月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部