[Z250SL/ABS]Z250の単気筒バージョンが正式発表!

[Z250SL]Z250の単気筒バージョンが正式発表!

ニンジャ250とZ250が基本コンポーネントを共通としているように、ニンジャ250SLにも同様のモデルが発表された。Z250SLがそのモデルで、すでにインターネットや二輪雑誌でスクープされていたが、今回がカワサキからの正式発表となる。仕様国はニンジャ250と同じマレーシア、フィリピン、中国、タイで、2014年モデルでは残念ながら国内仕様の生産予定はない。メカニズムの詳細は発表されていないが、Z250SLはエンジンや車体といった基本コンポーネントをニンジャ250SLと共通化しており、エンジンには単…

 Go to post page

5月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 400 ABS Special Edition]2014年モデルに高級感漂うブラックバージョンが追加

Ninja 400 ABS Special Edition

すでに発表されているニンジャ400ABSスペシャルエディションに、新色が追加された。従来のニンジャ400ABSスペシャルエディションがライムグリーンを基調としたカラーリングなのに対し、今回発表されたカラーリングはブラックを基調としており、より高級感あふれるスタイリングとなっている。単にブラックとしているだけでなく、アッパーカウルとシートカウル、アンダーカウルにカーボン転写をほどこし、高級感と軽快感を演出。フレーム、スイングアームといった車体の骨格をなすパーツと、スタイリングに大きく影響するホイー…

 Go to post page

3月 15th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[W800 Chrome Edition]2014年モデルにChrome Editionが登場。往年のWシリーズのスタイルを現代風にアレンジ

2014年モデル W800 Chrome Edition

60年代後半から70年代前半にかけて発売されていたWシリーズを彷彿とさせるスタイルでラインナップされているW800。バーチカルツインエンジンの搭載に加え、メッキパーツを多用することで、レトロ感を前面に押し出しているモデルだ。今回発表されたW800 Chrome Editionは、さらにそのレトロ感を強くイメージさせる一台である。メーターハウジングからタンク、サイドカバーにかけて赤を基調とし、タンクサイドにはクロムメッキ塗装がほどこされているのだが、このグラフィックは、Wシリーズの初期型である19…

 Go to post page

3月 15th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250SL/ABS]Ninja 250の単気筒バージョンが正式発表!

[Ninja 250SL]Ninja 250の単気筒バージョンが正式発表!

すでにインターネットや雑誌などで、スクープ的な情報が掲載されているニンジャ250SLが、この度カワサキから正式に発表された。大ヒット中のニンジャ250の兄弟モデルともいえるこのモデルは、単気筒エンジンを搭載したフルカウルスポーツモデルである。販売される国はマレーシア、フィリピン、中国、そしてタイで、残念ながら国内での販売予定はないとのこと。今のところメカニズムの詳細は公表されていないが、分かっているのはエンジンがニンジャ250のパラレルツインエンジンとは異なり、単気筒エンジンであること。そしてフ…

 Go to post page

2月 14th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

すでにカワサキイチバンでお伝えしているとおり、カワサキは福岡モーターショー2014と札幌モーターショー2014に出展することが決定しており、その出展概要がこのたび発表されている。ブースは大きく分けて3つのコーナーに分けられ、一つは車両展示のみのコーナーで、二つ目は車両に跨ることができる体験コーナー、そして三つ目はレースマシンコーナーだ。展示のみのコーナーはニンジャコーナー、Zコーナー、エストレヤコーナーに分けられ、2014年モデルで大きくモデルチェンジされたZ1000やニンジャ400、そしてエス…

 Go to post page

1月 8th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Z250]現行Zシリーズ末弟の2014年モデルが登場

[Z250]現行Zシリーズ末弟の2014年モデルが登場

モデルチェンジした時は、必ずと言っていいほどそのスタイリングに驚かされるものだが、その代表格が現行Zシリーズだ。250ccクラスに位置するZ250も、前衛的なスタイリングとワンクラス上の質感で、2013年の発売と同時に大ヒットしたのは記憶に新しい。そして今回、そのZ250の2014年モデルのカラーリングが発表された。気になるカラーバリエーションは、2013年モデルのホワイトとブラックから、ホワイトとレッドの2色展開となり、ホワイトに関してはシュラウドとフロントフェンダーが前モデルのホワイトからブ…

 Go to post page

12月 24th, 2013 by カワサキイチバン編集部

[ZRX1200DAEG BLACK LIMITED]2014年モデルに特別仕様の「ブラックリミテッド」が追加

[ZRX1200DAEG BLACK LIMITED]2014年モデルに特別仕様の「ブラックリミテッド」が追加

2014年モデルとしてすでに2カラーが発売されているZRX1200ダエグ。このスタンダードタイプにプラスして、ブラックリミテッドが発売される。ブラックリミテッドは、文字どおりブラックを基調とした特別仕様のモデルで、2014年2月1日に発売開始の予定だ。具体的にはスタンダードタイプと何が異なるのか。まずカラーリングに関してだが、スイングアーム、タンデムステップ、ヒールガード、ブレーキレバー、クラッチレバー、インジェクションカバー、ヘッドカバーをブラックに変更。このうちヘッドカバーには塗装表面が結晶…

 Go to post page

12月 24th, 2013 by カワサキイチバン編集部

カワサキが、『ESTRELLA カスタムサポートキャンペーン』を2014年1月6日からスタート

カワサキが、『ESTRELLA カスタムサポートキャンペーン』を2014年1月6日からスタート

2014年モデルで性能とスタイルの両面に変更を受けたエストレヤ。発表と同時に数々のアクセサリーパーツがリリースされており、カワサキからクラシカルなスタイルを活かしたカスタムモデルの提案が行なわれている。そのエストレヤを対象に、カワサキが2014年1月6日(月)から『ESTRELLA カスタムサポートキャンペーン』を開始する。このキャンペーンは、2014年モデルのエストレヤの新車と、該当するカスタムパーツを同時に購入したKAZEメンバーに対し、購入費用2万円をサポートするというものだ。キャンペーン…

 Go to post page

12月 13th, 2013 by カワサキイチバン編集部

【Z1000/ABS/Special Edition】2014年モデル詳細

【Z1000/ABS/Special Edition】2014年モデル詳細

2003年に発売されたZ1000は、それまで日本のネイキッドで一般的とされていたクラシカルなイメージを一新した。走行性能に特化したメカニズムと、前衛的なスタイルが採用され、それまでなかった『スーパーネイキッド』というカテゴリーを作り上げたモデルである。そのZ1000が2014年モデルで、車体からエンジン、デザインまで、大きくモデルチェンジしたのは先日お伝えしたとおり。4代目となる2014年モデルのZ1000は、前モデル以上に走りに特化した性能を予感させ、且つより前衛的なスタイルへと変貌を遂げてい…

 Go to post page

12月 11th, 2013 by カワサキイチバン編集部

[2013]第43回 東京モーターショー カワサキブースレポート

第43回 東京モーターショー

いよいよ11月22日(金)から開催される第43回 東京モーターショー。一般公開に先駆けて、本日事前公開された。カワサキブースはコンセプトモデルをはじめ、ワールドプレミアおよびジャパンプレミアの最新モデルを出品。“未来を創る Kawasaki Technology”を全体のテーマとして、カワサキの最新技術を力強くアピールしていた。まず、以前にもお伝えしている通り、ブース内は6つのコーナーに分けられている。川崎重工新技術コーナー、Zコーナー、ニンジャコーナー、エストレヤコーナー、おさわり&またがりコ…

 Go to post page

11月 20th, 2013 by カワサキイチバン編集部