カワサキバイクマガジン 2016年11月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2016年11月号

カワサキバイクマガジン 2016年11月号(vol.122)が本日より発売する。今月号では連載企画に加え、大きく3本の特集で構成しており、一つが巻頭特集の『直線最速のカワサキ』だ。スピードチャレンジの最速と、サーキットのストレート最速といった、カワサキ車の直線スピードを、2つの観点から解説している。そして2つ目が『鈴鹿8耐での出来事』で、今年の鈴鹿8耐でカワサキに関係することをレポート。注目企画は、2位を獲得したチームグリーンのライダー、柳川明選手と渡辺一樹選手への単独インタビューだ。ページでは…

 Go to post page

10月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

カワサキの有志社員によって結成されるチーム38が、ニンジャH2Rとともに世界的にも有名な最高速チャレンジ競技であるボンネビル・スピードウィークに参戦する。実は、チーム38は昨年もこの競技に挑戦する予定だった。しかし、異常気象によりコースが水没し、競技の開催そのものが中止となってしまった(昨年はその代わりとして、モハヴェ・マイルに参戦した)。今回のチャレンジは、そういう意味で昨年のリベンジともいえるだろう。昨年のモハヴェ・マイルでは、1マイル(約1.6km)到達時点で348.2km/hを記録し、ニ…

 Go to post page

6月 23rd, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]歴代ニンジャが集結! 鈴鹿8耐にてNinja特別展示を実施

[2016]歴代ニンジャが集結! 鈴鹿8耐にてNinja特別展示を実施

鈴鹿8時間耐久ロードレースの開催期間中、コース外のGPスクエアにおいて、歴代ニンジャシリーズの特別展示が行なわれる。これは、8耐の参戦マシンとしては初登場となる新型Ninja ZX-10Rのデビューを記念したもので、会場にはニンジャの歴史を彩ってきたさまざまなマシンがディスプレイされる予定だ(展示車種は下記参照)。鈴鹿8耐の観戦に行く人は、レースだけでなく、ニンジャの系譜もその目に焼き付けよう。展示車両(予定) ZX-7RR(2000年全日本ロードレース選手権 スーパーバイククラス チャンピオン…

 Go to post page

5月 30th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]鈴鹿8耐にてNinjaオーナーズパレードを開催。ニンジャシリーズオーナー参加募集中!

[2016]鈴鹿8耐にてNinjaオーナーズパレードを開催。ニンジャシリーズオーナー参加募集中!

7月28日(木)から31日(日)にかけて開催される鈴鹿8時間耐久ロードレースにて、Ninjaオーナーズパレードが開催される。このパレードは、カワサキ勢を応援するニンジャシリーズ(車種は下記参照)のオーナーのみで国際レーシングコースをパレードランするというものだ。開催日時は30日の19:30からで、お祭りムード漂う前夜祭のなかで行なわれる。ニンジャに乗ってカワサキのチームを応援しにくるライダーは、カワサキ勢の景気づけも兼ねて、ぜひ参加してみよう。イベント詳細 日時7月30日(土) 19:30〜…

 Go to post page

5月 27th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]特典いっぱい! 鈴鹿8耐カワサキ応援スペシャルチケット発売中

2016-suzuka8hours-special-ticket

真夏の祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレースに今年もチームグリーンが参戦する。ライダーは渡辺一樹選手と柳川明選手に加え、過去に鈴鹿8耐で2度の優勝経験をもつレオン・ハスラム選手を起用し参戦する。また、参戦マシンも新型ZX-10Rへスイッチすることもあって、例年以上の期待と注目が集まっている。そんなチームグリーンを筆頭としたカワサキ勢をより熱く応援できる、カワサキ応援スペシャルチケットが発売中だ。カワサキ応援スペシャルチケットには総額30万円相当の賞品が当たるカワサキ宝くじが付属しており、さらに購入者に…

 Go to post page

5月 21st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2014]鈴鹿8耐 カワサキ応援スペシャルチケット 申し込み受付中!!

2014-suzuka8hours-sp-ticket

カワサキから発売中の「鈴鹿8耐カワサキ応援スペシャルチケット」が、カワサキイチバンのサイトからでも申し込みができることになった。「鈴鹿8耐カワサキ応援スペシャルチケット」にはV2指定席とV1エリア席の2種類の観戦チケットがあり、観戦席はV2指定席がグランドスタンド上段エリア、V1エリア席はグランドスタンド下段エリアとなっている。それぞれの観戦席は一長一短があり、例えばV2指定席は上段なので、視界の妨げとなる障害物がV1エリア席より少ないが、その分チケット代は高くなる。鈴鹿8耐の魅力はいくつもある…

 Go to post page

6月 20th, 2014 by カワサキイチバン編集部

加納典明がカワサキ系チームの監督として鈴鹿8耐に参戦!

加納典明がカワサキ系チームの監督として鈴鹿8耐に参戦!

写真家の加納典明が今年の鈴鹿8耐に参戦することが決まった。チーム名は『TEAM TENMEI 桜プロジェクト』で、加納氏は同チームの監督を務める。マシンはNinja ZX-10Rで、ライダーには、今年「桜プロジェクト PITCREW & 松戸FLASH」から全日本J-GP2に参戦している高橋英倫選手と、同チームから全日本JSB1000に参戦している井上哲悟選手、そして昨年カワサキ系チームのRSイトウから鈴鹿8耐に参戦した東村伊佐三選手が起用される。加納氏は1990年の鈴鹿8耐で、ドゥカティ系チー…

 Go to post page

6月 16th, 2014 by カワサキイチバン編集部

チームグリーンの2014年鈴鹿8耐参戦ライダーが決定!

チームグリーンの2014年鈴鹿8耐参戦ライダーが決定!

今年、22年ぶりに鈴鹿8耐に参戦するチームグリーンが、鈴鹿8耐の第3ライダーを発表した。鈴鹿8耐には1チームにつき3名のライダーをエントリーできるが、現在まで発表されていたチームグリーンのライダーは、柳川明選手と渡辺一樹選手の2名のみだった。今回、この2名に加えて、残りの1名が発表されたのである。その3人目・第3ライダーが藤原克昭選手だ。藤原選手は現在、ビート・カワサキ・レーシングからアジアロードレース選手権に参戦中。2011年にはアジア選手権でシリーズチャンピオンを獲得している。アジア選手権参…

 Go to post page

4月 13th, 2014 by カワサキイチバン編集部

豪華賞品が当たる「KAZEチャレンジ・クルーズ2014」が今年も開催中

豪華賞品が当たる「KAZEチャレンジ・クルーズ2014」今年も開催

毎年の恒例企画「KAZEチャレンジ・クルーズ2014」が3月1日から開催中だ。KAZE会員を対象に、期間中愛車で走行した距離を競うという、いたってシンプルなこの企画。走行距離を競う以外にも、距離に関係なく抽選で豪華賞品が当たる特別賞も数多く設定されており、参加した人全員にチャンスがある内容となっている。今年新たに設定されたのは「鈴鹿8耐参戦記念賞」。1st stageはNinja ZX-10Rで参加した人、そして2nd stageでは、鈴鹿8耐期間中にカワサキブースを訪れ、スタンプをもらった人が…

 Go to post page

3月 9th, 2014 by カワサキイチバン編集部