DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリング|製品情報

DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリング

加熱するZ900RSのカスタムシーン。パーツメーカー各社はその技術、個性を投入したパーツを次々とリリース。そんななか、ノジマエンジニアリングは、ハイエンドマフラー“DLC-TITAN”をリリースした。技術の粋を結集したハイエンドエキゾーストマフラーを中心に、各種バイク用パーツを展開するノジマエンジニアリングは、Z900RS用に同社の最高技術を投入したハイエンドモデルの“DLC-TITAN”を開発。Z900RS用マフラーとして、同社はすでにノーマルを上回る性能を持たせつつ、スタイルや雰囲気を重視し…

投稿 DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリングカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. GT MIDDLEシリーズ スリップオン for Ninja 250/400 by ノジマエンジニアリング
  2. 耐熱塗装のマフラーで大人なスタイルを演出。NOJIMA MEGAPHONE for Z900RS
  3. 最新のローターはタイヤの接地感も高める – SUNSTAR φ320mmローターキット for Z900RS
  4. フルエキゾースト&スリップオンマフラー for Ninja 250/400 by ビームス
  5. 最高峰のテクノロジーを手に入れる! アクラポヴィッチ スリップオンマフラー for Ninja 400 by プロト
 Go to post page

12月 3rd, 2018 by 夏目健司

SP忠男より、ZRX1200 DAEG用POWERBOXマフラーがリリース

SP忠男 ZRX1200 DAEG用 POWERBOX

スクーターからビッグバイクまで、幅広いラインナップを誇る老舗マフラーメーカーのSP忠男より、ZRX1200 DAEG用のPOWERBOXマフラーがリリースされている。リリースされたのは「POWERBOX TitanBlue」と「POWERBOX SUS」の2種類だ。POWERBOXシリーズは、パワーが出にくかったり、車検対応でない製品が多い直管スタイルでありながら、サイレンサー下部に繋がれたサブチャンバーによって、排気音を抑えつつも、低中回転域のコントロール性の向上や高回転域のさらなる伸びを追求…

 Go to post page

10月 21st, 2016 by カワサキイチバン編集部

ストライカーよりZ125 PRO用フルエキゾーストマフラーがリリース

ストライカー Z125 PRO用 パワーミニ フルエキゾースト

カラーズインターナショナルが展開し、マフラーやステップなど数多くのカスタムパーツをリリースする“ストライカー”から、Z125 PRO用のフルエキゾーストマフラーがリリースされている。このマフラーはZ125 PRO純正の腹出しスタイルのイメージを崩すことなく、インパクトのある存在感を実現。エンジン下のサイレンサーはチタンヒートカラーとなっておりルックス的変化が楽しめるほか、重量は純正に比べ50%軽量化されており、装着状態でオイル・オイルフィルターの交換が可能となっている。政府認証・JMCA認定品で…

 Go to post page

9月 29th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ナイトロレーシングとビーターがコラボした、ZRX1200 DAEG用アルミタンクがリリース

ナイトロレーシング×ビーター アルミタンク ZRX1200 DAEG

日本製大型マシンをメインとしたパーツ展開をするナイトロレーシングより、ZRX1200 DAEG用アルミタンクがリリースされている。このアルミタンクは、レースシーンでも数多くの支持を集めている「ビーター」と「ナイトロレーシング」のコラボレーションによって生まれた商品で、特徴的なのはタンクキャップが耐久仕様の2連装となっていること。また、タンク容量はノーマルの18ℓから21.5ℓにアップしつつ、重量はノーマルの5.9kgから3.2kgへと軽量化が図られている。まさにルックスと機能性の変化を一度に楽し…

 Go to post page

9月 21st, 2016 by カワサキイチバン編集部

BEETから、2016年モデル・Ninja ZX-14R対応マフラーが登場

BEETから2016年モデル・Ninja ZX-14R対応マフラーが登場

マフラーを中心にアフターパーツの企画・製造・販売を行なう日本ビート工業が、2016年モデルのNinja ZX-14Rに適合するフルエキゾーストマフラー&スリップオンマフラーをリリースした。車検にも対応する政府認証適合品であることはもちろんのこと、チタン製で大幅な軽量化も実現している。フルエキゾーストマフラーは重量約7.2kgでノーマルに比べ10kg以上も軽い。素材は耐熱・耐久性を持たせたフルチタン仕様で、各部のサイズ最適化や4-2-1-2集合方式を採用するなど、ピークパワーを追求しながらも全回転…

 Go to post page

3月 30th, 2016 by カワサキイチバン編集部

トリックスターからNinja H2用レーシングスリップオンマフラーが登場!

trickstar-ninjah2

バイク販売や用品の企画・製造・販売を行なっているトリックスターから、Ninja H2用のスリップオンマフラーが発売された。Ninja H2本来のパフォーマンスを解き放つべく開発され、スタイルもNinja H2Rを彷彿とさせるデザインとなっている。サイレンサーは熟練の職人が一つずつ丁寧に作り上げ、焼き色を付けて仕上げている。チタン製ボディのサイレンサーは、純正の7.5kgに対して1.5kgと80%の軽量化を実現。パフォーマンスにおいても中速域で最大15馬力の出力向上とレスポンスの劇的な向上に成功し…

 Go to post page

7月 30th, 2015 by カワサキイチバン編集部

ガルファーがZX-6R/10Rに対応するリヤウェーブディスクの予約受付を開始

ガルファーがZX-6R/10Rに対応するリヤウェーブディスクの予約受付を開始

ウェーブディスクやブレーキパッドを主に製造開発しているガルファーが、今回新たにNinja ZX-6RおよびNinja ZX-10R用のリヤウェーブディスクの予約受付を開始している。ウェーブディスクの特徴は、制動力を保ちつつ、軽量化と放熱性が追求されていること。ガルファー製ウェーブディスクも、制動力はそのままに放熱効果およびダストクリーン効果が追求されており、同径のソリッドディスクと比べ軽量化もはたしている。素材にはハイカーボンを含有する420ステンレス鋼を採用。レーザーカットで正確なウェーブを形…

 Go to post page

12月 9th, 2013 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラ初の250ccクラス用レーシングマフラーが登場。ニンジャ250/R用で“もて耐”にも対応

ヨシムラ初の250ccクラス用レーシングマフラーが登場。ニンジャ250/R用で“もて耐”にも対応

日本を代表するマフラーメーカーのひとつ、ヨシムラジャパンから、ニンジャ250/R用のフルエキゾースト、『R-11 レーシングサイクロン 1エンド』が発売された。この製品はヨシムラジャパンとして初めての250ccクラス用レーシングマフラーとなり、もてぎオープン7時間耐久ロードレース・通称“もて耐”のネオスタンダードクラスのレギュレーションに適合する仕様となっている。サイレンサーはヨシムラレーサーやZX-6R用のレーシングマフラーでも使用されているR-11とし、エンド部分の素材にはカーボンを採用。ス…

 Go to post page

8月 13th, 2013 by カワサキイチバン編集部

コワースから、ZX-14R/ZZR1400用スプロケットガードが発売

コワースからZX-14R/ZZR1400用スプロケットガードが発売

レーシングステップやハンドルバーなど車体外装パーツを数多くラインナップするコワースから、ZX-14R/ZZR1400用のドライブスプロケットガードが登場した。このパーツは高強度のアルミニウム合金を素材とした削り出し品で、純正フロント・スプロケットガードから交換することにより軽量化とメンテナンス性の向上が図られている。機能性だけでなくスタイルにもこだわり、メカニカル感を高めたオリジナルデザインを採用。また、表面にアルマイト処理をほどこすことで耐久性のアップはもちろんのこと、質感も高められておりドレ…

 Go to post page

7月 10th, 2013 by カワサキイチバン編集部