スペックエンジニアリングより、GPZ900R用ピストンキットがリリース

GPZ900R専用 純正オーバーサイズピストンキットφ73mm

GPZ900Rの専門店として様々なパーツをリリースしているスペックエンジニアリングより、同車用純正オーバーサイズピストンキットがリリースされている。このピストンキットはGPZ900Rの純正ピストンやシリンダーが生産終了を迎えたことを受けて開発され、コンセプトは純正オーバーサイズピストンの代替パーツという位置づけだ。GPZ900Rをこれからも安心して走らせるために、欠かせない根幹パーツだけに、同社の並々ならぬ使命感があふれた製品となっている。設計はすべて純正品に準じており、生産は国内にて行なってい…

 Go to post page

9月 12th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[KLX250 Final Edition]元祖“闘う、4スト。”スタイルを採用したファイナルエディションが2016年モデルに登場

2016年モデル KLX250

カワサキの4ストオフローダーとして、息の長いラインアップを続けていたKLX250が、2016年モデルでついに生産終了が決定した。それに伴い、ファイナルエディションと称した特別モデルが追加ラインナップされることが発表されている。KLX250のルーツといえば、言わずもがな1993年に発表されたKLX250R/SR。当時2ストロークエンジン全盛だった時代に“闘う、4スト。”のキャッチフレーズと共に、4ストローク車の常識を覆すスパルタンさを売りにセンセーショナルな登場を果たしたモデルである。1998年に…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[D-TRACKER X Final Edition]生産終了の2016年モデルに、初期モデルを彷彿とさせるファイナルエディションが登場

2016年モデル D-TRACKER X

モタードモデルの先駆けとして、1998年に登場したD-TRACKERをルーツに持つD-TRACKER X。同モデルは2016年モデルを持って生産終了となることが決定しているが、その最後を飾るにふさわしい、ファイナルエディションが2016年モデルに追加ラインナップされることが発表された。発表されたファイナルエディションは、1999年モデルを強く意識した大胆なDマークが印象的なグラフィックを採用。比べてみると違いは多いのだが、全体的な雰囲気をうまく踏襲しており、「Dトラといえばこれ!」といったスタイ…

 Go to post page

4月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部