[Z1000]2019年国内モデル詳細発表。価格据え置きで12月1日より発売

2019年モデル Z1000

カワサキZシリーズのフラッグシップモデルであるZ1000。その2019年モデル・国内仕様の詳細が発表されている。2018年モデルからの変更点はカラーリングのみで、新色はマット色を基調としたメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレーで、2018年モデルの鮮やかなエメラルドブレイズドグリーンとは対照的に、より凄みを増したスタイリングとなっている。価格は2018年モデルから据え置きの115万200円(税込)で、2018年12月1日から販売開始となる。2019年モデル Z1…

投稿 [Z1000]2019年国内モデル詳細発表。価格据え置きで12月1日より発売カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Z1000/R EDITION]2019年モデル海外仕様発表。スタンダードは国内仕様が、Rエディションはブライトから発売!
  2. [Z1000]2018年モデルは新カラー&LEDウインカーを採用
  3. [Z1000 ABS]2017年モデル・国内仕様が正式リリース!
  4. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  5. [Ninja 650]早くも2018年モデル登場。発売は2017年8月1日から
 Go to post page

11月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Z125 PRO]Zシリーズの末弟にいよいよ国内モデルが登場!!

2016-z125pro-dm

2015年10月の終わりに開催された東京モーターショーの直前に発表され、直後の東京モーターショー・カワサキブースに大々的に展示されていたZ125プロ。Zシリーズ最小排気量の125ccモデルとして注目を集めていたZ125プロだが、遂に国内での販売に関する詳細が発表された。ズバリ、国内に導入されるのは、マニュアル4速クラッチを採用したZ125プロのみで、販売価格は34万5,600円。発売予定日は2016年4月15日からとなる。Z125プロに搭載される124ccの空冷4ストローク OHC単気筒エンジン…

 Go to post page

2月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Z250SL]2016年モデルでついに国内販売スタート!! 3月15日より発売

2016-z250sl-dm

2015年4月より国内での販売が開始されているニンジャ250SLに続き、そのストリートファイターバージョンであるZ250SLも国内販売を開始する。エンジン&シャシーはニンジャ250SLと共通であるが、ハンドルはセパレートタイプからバーハンドルタイプへ。フラットなバーハンドルやエッジの効いたフロントカウル、シャープなシュラウドなどが、Zシリーズらしいアグレッシブさを主張している。“ライトウエイトスポーツ”をコンセプトに、コンパクトかつ軽量に仕上がっていたニンジャ250SLであったが、カウルを脱ぎ去…

 Go to post page

2月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250/ABS/Special Edition]ついに国内仕様の詳細が明らかに。発売は2013年2月から

[Ninja 250/ABS/Special Edition]ついに国内仕様の詳細が明らかに。発売は2013年2月から

ニンジャ250Rの後継機種となるニンジャ250は、これまで海外向けモデルとして発表されていたが、この度ついに国内仕様の発売がリリースされた。国内仕様として発売されるのは、スタンダードタイプのほか、スペシャルエディションとABSスペシャルエディションの3タイプとなっており、メカニズム等の機能装備は海外向けモデルにほぼ準ずるものとなっている。発売開始予定日は前者2タイプが2013年2月1日で、後者が2013年2月15日となっている。カラーリングはスタンダードタイプがエボニーとパールスターダストホワイ…

 Go to post page

12月 1st, 2012 by カワサキイチバン編集部