ヨシムラより、ゼファー用TMR-MJN32キャブレターがリリース

yoshimura-zephyr400-tmr-mjn

オートバイパーツの製造やレース活動でも有名なヨシムラから、ゼファー(400)用「TMR-MJN32キャブレターキット」がリリースされている。ヨシムラの「TMR-MJN」は、ミクニ製のレーシングキャブレター“TMR”にヨシムラ独自のマルチプルジェットノズル(MJN)を組み込み、車種ごとに基本的なセッティングを施したキャブレターキットだ。MJNを通じて微細な燃料粒子(=理想的な霧化状態)となったガソリンをエンジンに送り込むことにより、アクセルワークに素直に応じるレスポンスの良さを追求。結果、ユーザー…

 Go to post page

10月 31st, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja ZX-14R用スリップオンマフラー“HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC”がリリース

ヨシムラ Ninja ZX-14R(2012〜) Slip-On HEPTA FORCEサイクロン EXPORT SPEC

オートバイパーツの製造やレース活動でも有名なヨシムラから、Ninja ZX-14R(2012〜)に対応するスリップオンマフラー「Slip-On HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC」がリリースされている。純正マフラーと同じく左右2本出しのダイナミックな見た目がポイントの同シリーズは、サイレンサー形状にシンメトリー7角形(Heptagon)を採用し、スリムながら迫力あるスタイルに仕上げられている。ちなみにこの“EXPORT SPEC”は、海外ユーザーのリクエストに応え、性能を…

 Go to post page

10月 14th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラから新エキゾーストシステム『レプトス』が登場

ヨシムラから新エキゾーストシステム『レプトス』が登場

現行大型ネイキッドに的を絞り、成熟した大人向けのエキゾーストシステムとして、ヨシムラジャパンが新開発したのがレプトスだ。レプトスとは、ギリシャ語で細いという意味があり、細く長くシャープなスタイリングと、保安基準をクリアしながらも迫力のあるエキゾーストノートにこだわった作り込みが特徴である。そんなレプトスについて、ヨシムラジャパンに話をうかがった。「近年、ヨシムラではR‐11やヘプタフォースなど、これまでにないスタイルをつちかってきた技術によって具現化してきました。しかし、王道スタイルといえる真円…

 Go to post page

8月 19th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラジャパンより、スリム&ロングになったZRX1200DAEG用『Slip-On サイクロンシリーズ』が登場

yoshimura-zrx1200daeg-slipon

レース活動でも有名なヨシムラから、ZRX1200ダエグ用『Slip-On サイクロンシリーズ』のニューバージョンがリリースされた。今回のモデルは、最近のトレンドであるショートタイプではなく、定番のカッコよさを追求し、ロングかつスリムな形状に仕上げているのが特徴。ダエグのたくましいスタイリングを引き立てるとともに、よりいっそうスポーティな雰囲気を演出している。また、その軽さも大きなポイントだ。ノーマルマフラーと比べ、半分以下の重量に抑えられている。出力面では、低・中回転域での太いトルクをスポイルす…

 Go to post page

11月 20th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第42回 東京モーターサイクルショーが3月27日〜29日に東京ビッグサイトにて開催

第42回 東京モーターサイクルショー

毎年恒例の東京モーターサイクルショーが、3月27日(金)から29日(日)まで、東京ビッグサイトにて開催される。今年のカワサキはNinja・Z・Neo Classicの3ファミリーをブースで展開。展示コーナーでは、バイク業界に衝撃をもたらしたNinja H2/H2Rが展示されるほか、話題となっているNinja 250SLなど、実際に車両にまたがってライディングポジションを確認することが出来る体験コーナーも用意される。展示を予定している車両は以下のとおりだ。展示コーナー Ninja H2R(輸出モデ…

 Go to post page

3月 25th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2014]ヨシムラ60thアニバーサリーフェスタが10月26日(日)に開催

ヨシムラ60thアニバーサリーフェスタ

プライベートレーシングチームの先駆けであり、アフターパーツメーカーの老舗でもあるヨシムラが、創業60周年を記念したアニバーサリーフェスタを開催する。場所は那須モータースポーツランドで、イベントではトークショーやプレゼント大会、ヨシムラのパーツが装着されたモデルの体感試乗会などが予定されている。トークショーは吉村不二雄代表や加藤陽平レース監督が中心となり、ヨシムラの歴史を振り返る内容が予定されている。また体感試乗会は、ヨシムラのパーツを思う存分体感してもらうべく数多くの試乗車が用意されるとのこと。…

 Go to post page

10月 10th, 2014 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラ初の250ccクラス用レーシングマフラーが登場。ニンジャ250/R用で“もて耐”にも対応

ヨシムラ初の250ccクラス用レーシングマフラーが登場。ニンジャ250/R用で“もて耐”にも対応

日本を代表するマフラーメーカーのひとつ、ヨシムラジャパンから、ニンジャ250/R用のフルエキゾースト、『R-11 レーシングサイクロン 1エンド』が発売された。この製品はヨシムラジャパンとして初めての250ccクラス用レーシングマフラーとなり、もてぎオープン7時間耐久ロードレース・通称“もて耐”のネオスタンダードクラスのレギュレーションに適合する仕様となっている。サイレンサーはヨシムラレーサーやZX-6R用のレーシングマフラーでも使用されているR-11とし、エンド部分の素材にはカーボンを採用。ス…

 Go to post page

8月 13th, 2013 by カワサキイチバン編集部

Ninja 250R YOSHIMURA BAZZAZ COMPLETE by MS SAILING

Ninja250R ヨシムラ バザーズ コンプリート

2008年よりリリースされ、爆発的な人気を集めるNinja 250R。そのNinja 250Rをベースに、MSセーリングがヨシムラジャパンとコラボレーションして製作したコンプリートモデルが発売中だ。オートバイの魅力ともいえるエキゾーストサウンドを奏でるマフラーには、ヨシムラ製Tri-Oval(トライオーバル)スリップオンマフラーを採用し、理想的なパワー特性と軽量化を実現。またマフラーの変更に伴い、ヨシムラジャパンが日本代理店として販売を行っているBAZZAZ(バザーズ)インジェクションコントロー…

 Go to post page

8月 22nd, 2012 by カワサキイチバン編集部