DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリング|製品情報

DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリング

加熱するZ900RSのカスタムシーン。パーツメーカー各社はその技術、個性を投入したパーツを次々とリリース。そんななか、ノジマエンジニアリングは、ハイエンドマフラー“DLC-TITAN”をリリースした。技術の粋を結集したハイエンドエキゾーストマフラーを中心に、各種バイク用パーツを展開するノジマエンジニアリングは、Z900RS用に同社の最高技術を投入したハイエンドモデルの“DLC-TITAN”を開発。Z900RS用マフラーとして、同社はすでにノーマルを上回る性能を持たせつつ、スタイルや雰囲気を重視し…

投稿 DLC-TITAN TYPE-SC for Z900RS by ノジマエンジニアリングカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. GT MIDDLEシリーズ スリップオン for Ninja 250/400 by ノジマエンジニアリング
  2. 耐熱塗装のマフラーで大人なスタイルを演出。NOJIMA MEGAPHONE for Z900RS
  3. 最新のローターはタイヤの接地感も高める – SUNSTAR φ320mmローターキット for Z900RS
  4. フルエキゾースト&スリップオンマフラー for Ninja 250/400 by ビームス
  5. 最高峰のテクノロジーを手に入れる! アクラポヴィッチ スリップオンマフラー for Ninja 400 by プロト
 Go to post page

12月 3rd, 2018 by 夏目健司

SP忠男より、ZRX1200 DAEG用POWERBOXマフラーがリリース

SP忠男 ZRX1200 DAEG用 POWERBOX

スクーターからビッグバイクまで、幅広いラインナップを誇る老舗マフラーメーカーのSP忠男より、ZRX1200 DAEG用のPOWERBOXマフラーがリリースされている。リリースされたのは「POWERBOX TitanBlue」と「POWERBOX SUS」の2種類だ。POWERBOXシリーズは、パワーが出にくかったり、車検対応でない製品が多い直管スタイルでありながら、サイレンサー下部に繋がれたサブチャンバーによって、排気音を抑えつつも、低中回転域のコントロール性の向上や高回転域のさらなる伸びを追求…

 Go to post page

10月 21st, 2016 by カワサキイチバン編集部

ノジマエンジニアリングより、Ninja ZX-14R用フルエキゾーストマフラーが登場

ノジマエンジニアリング Ninja ZX-14R ABS High Grade対応のGTシリーズ2本出しフルエキゾーストマフラー

オリジナルマフラーを製作するノジマエンジニアリングから、2016年モデル Ninja ZX-14R ABS High Grade対応のGTシリーズ2本出しフルエキゾーストマフラーがリリースされている。リリースされたのは美しい焼き色に黒真珠のような輝きを放つDLCサイレンサー仕様の『DLCチタン』と、焼け色の美しさを存分に楽しめるチタンサイレンサー仕様の『HEATチタン』の2種類。集合部にはおなじみのスパイラルコレクターを採用し、高速域では4-1のような伸びを、低中速域では4-2-1のようなフラッ…

 Go to post page

10月 18th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja ZX-14R用スリップオンマフラー“HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC”がリリース

ヨシムラ Ninja ZX-14R(2012〜) Slip-On HEPTA FORCEサイクロン EXPORT SPEC

オートバイパーツの製造やレース活動でも有名なヨシムラから、Ninja ZX-14R(2012〜)に対応するスリップオンマフラー「Slip-On HEPTA FORCE サイクロン EXPORT SPEC」がリリースされている。純正マフラーと同じく左右2本出しのダイナミックな見た目がポイントの同シリーズは、サイレンサー形状にシンメトリー7角形(Heptagon)を採用し、スリムながら迫力あるスタイルに仕上げられている。ちなみにこの“EXPORT SPEC”は、海外ユーザーのリクエストに応え、性能を…

 Go to post page

10月 14th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ストライカーよりZ125 PRO用フルエキゾーストマフラーがリリース

ストライカー Z125 PRO用 パワーミニ フルエキゾースト

カラーズインターナショナルが展開し、マフラーやステップなど数多くのカスタムパーツをリリースする“ストライカー”から、Z125 PRO用のフルエキゾーストマフラーがリリースされている。このマフラーはZ125 PRO純正の腹出しスタイルのイメージを崩すことなく、インパクトのある存在感を実現。エンジン下のサイレンサーはチタンヒートカラーとなっておりルックス的変化が楽しめるほか、重量は純正に比べ50%軽量化されており、装着状態でオイル・オイルフィルターの交換が可能となっている。政府認証・JMCA認定品で…

 Go to post page

9月 29th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ビートより、Ninja ZX-10R用のスリップオンマフラーがリリース

ビート Ninja ZX-10R NASSERT-Evolution TypeⅡ スリップオンマフラー

カワサキのレーシングチーム“チームグリーン”がそのエキゾーストシステムを採用していることでも有名なビートから、2016年モデル・Ninja ZX-10R用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、NASSERT-Evolution TypeⅡ スリップオンマフラーで、ビート独自のストレート排気パルスコーンシステムを採用し、濁りのないクリアな排気音を目指して開発。純正のチャンバーボックスを使用することで車検対応としながらも、重量は純正マフラーと比べ約1割軽い2kgとなっている…

 Go to post page

9月 28th, 2016 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

SP忠男より、Z125 PRO用マフラーがリリース

SP忠男 Z125 PRO用マフラー

スクーターからビッグバイクまで幅広いラインナップを誇る老舗マフラーメーカーのSP忠男より、Z125 PRO用マフラー「PURE SPORT Megaphone」と「PURE SPORT Round」がそれぞれリリースされている。SP忠男のマフラーは”気持ちイー!走りの探求”をコンセプトに開発され、そのスタイルもさることながら性能についても評価の高い製品だ。Z125 PRO用では4速のギヤを駆使して最高の走りが出来るよう、より広い回転域でのパワーを追求して制作されているほか、エンジン下でエキゾース…

 Go to post page

9月 20th, 2016 by カワサキイチバン編集部

BEAMSより、Z125 PROとZ250SL用マフラーがリリース

BEAMSより、Z125 PROとZ250SL用マフラーがリリース

排気量問わず、様々なモデルを取り扱うマフラーメーカー・BEAMSより、Z125 PROとZ250SL用のマフラーがリリースされている。レーシーさと高級感を兼ね備えながらも、コストパフォーマンスに優れた同社製品は、JMCA・政府認証品で開発・製造はすべて国内で行なっているメイドインジャパン製。CORSA EVOⅡは今流行りの多角形サイレンサーを採用したモデルとなっており、チタンモデルは純正マフラーのおよそ半分の重量を実現しているほか、職人がバーナーで一本一本丁寧に制作した青と紫の鮮やかな発色が特徴…

 Go to post page

9月 14th, 2016 by カワサキイチバン編集部

バグース!モーターサイクルより、ゼファー750用ノーマルステップ対応フルチタンマフラーがリリース

“Bagus!”フルチタンマフラー ZEP750用 ノーマルステップ対応セミアップタイプ

アフターパーツの開発・販売から各種カスタムなど、幅広い業務を請け負っているバグース!モーターサイクルから、ゼファー750用でノーマルステップに対応したフルチタンマフラーがリリースされている。同社のリリースするフルチタンマフラー・通称“バグ管”は、4-2-1の集合部を採用し、テールパイプをテーパー形状とすることで中速域でのトルクアップを追求。サイレンサーには、“Bagus!”のロゴがレーザー加工され、音量はうるさすぎず・静かすぎずの98dBとのこと。今回追加されたセミアップタイプは、従来からリリー…

 Go to post page

9月 7th, 2016 by カワサキイチバン編集部