トリックスターより、Ninja 250/400用のバックステップが12月中旬から販売開始!

トリックスター Ninja 250/400(18) バックステップ

トリックスターより、ニンジャ250/400(18年)に適合するバックステップキットが登場。現在、先行受注が開始されており、2018年12月中旬よりデリバリーが開始される予定だ。ポジションはアップ16mm・バック10mmからアップ38mm・バック43mmまでの範囲で、10パターンに設定が可能となっている。5ポジション+ペダルバーの移動によりステップ位置を変更するタイプで、それに合わせてシフトロッドも2パターン(2本)が同梱されている。ポジション一覧 ポジション通常ペダルバー移動時 UPB…

投稿 トリックスターより、Ninja 250/400用のバックステップが12月中旬から販売開始!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. ケイズスタイルより、ミラーホルダーを活用したNinja 250/400用のナビマウントが登場!
  2. トリックスターより、新型Ninja 250用カスタムパーツが多数登場!
  3. トリックスターより、カワサキ車用のレバーガードセットが登場! M8ボルトのバーエンドに対応
  4. ハリケーンより、Ninja 250/400用のバーハンドルキットが登場
  5. トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2019年1月号

カワサキバイクマガジン2019年1月号(vol.135)が本日より発売される。巻頭特集は「カワサキブランド大行進」と題して、カワサキのストリート用モデル5ブランドを解説する。また発表されたばかりの新型Ninja ZX-6Rやヴェルシス1000など8機種のニューモデル情報を掲載。ほかニューモデルの発表の場となったINTERMOT 2018&EICMA2018の会場レポートや、各ブランドを代表するモデルのインプレッションをお届けする。また現行モデルを使って活躍するプロショップを紹介するコーナ…

投稿 カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. カワサキバイクマガジン2018年7月号、本日発売!
  2. カワサキバイクマガジン2018年11月号、本日発売!
  3. カワサキバイクマガジン2018年1月号、本日発売!
  4. カワサキバイクマガジン2017年7月号、本日発売!
  5. カワサキバイクマガジン2018年5月号、本日発売!
 Go to post page

12月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

ノジマエンジニアリングのスクリーンに、GPZ900R/750R用が登場

ノジマスクリーン GPZ900R/750R用

ノジマエンジニアリングがリリースするオリジナルスクリーン・ノジマスクリーンのラインナップにGPZ900R/750R用が登場した。ノジマスクリーンは、ノーマルのルックスを妨げないシンプルな形状ながら、高い風防効果を目指して開発されているところがポイントとなる製品だ。スクリーンのエンド部は軽いスポイラー形状となっており、クリアな視界とともにニンジャでのツーリングをより快適にしてくれるアイテムと言えるだろう。カラーはスモークのみで、価格は1万5,000円(税抜)となっている。ノジマ スクリーン適合車種…

投稿 ノジマエンジニアリングのスクリーンに、GPZ900R/750R用が登場カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. GPZ900R/750Rに造詣が深いカスタムショップ「ブルドッカータゴス」が移転オープン
  2. MRAより、Ninja 650(17~18)用のスクリーン2タイプが登場
  3. ノジマエンジニアリングのZRXシリーズ対応スクリーンにミラーコートタイプが新登場
  4. ハリケーンより、Z125 PRO用パーツが続々リリース
  5. MRAより、VERSYS-X250用のツーリングスクリーン2タイプが登場
 Go to post page

11月 23rd, 2018 by カワサキイチバン編集部

トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着

フレームスライダー TYPE-D NINJA250/400(18)

トリックスターより、ニンジャ250/400(18年〜)に適合するフレームスライダー2種が登場した。転倒時の衝撃を車体をすべらせることで緩和し、車体へのダメージを最小限にするフレームスライダー。取り付けに際してはカウル加工不要で、簡単に装着することが可能だ。製品はタイプEとタイプDの2種類がラインナップされており、タイプDは三角形状のスライダーを、タイプEは横長形状のスライダーをそれぞれ採用いている。スライダー本体はジュラコン®製で、各所にTRICK☆STARロゴがあしらわれている。フレー…

投稿 トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. トリックスターより、カワサキ車用のレバーガードセットが登場! M8ボルトのバーエンドに対応
  2. アクティブより、Z900RS用のフレームスライダーが登場! サブフレームとの同時装着もOK
  3. トリックスターより、新型Ninja 250用カスタムパーツが多数登場!
  4. シート高20mmダウン! トリックスターより新型ニンジャ250/400用のローダウンリンクキットが登場
  5. ケイズスタイルより、ミラーホルダーを活用したNinja 250/400用のナビマウントが登場!
 Go to post page

11月 6th, 2018 by カワサキイチバン編集部

ヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリース

ヨシムラ Ninja H2 Slip-On R-11Sq チタンサイクロン

日本を代表するマフラーメーカーのひとつであるヨシムラより、Ninja H2用のスリップオンマフラーがリリースされている。リリースされたのは、鈴鹿8耐をはじめ数々のレースシーンで実践投入して開発されたR-11Sqシリーズ。“Sq”の名の通りスクエア断面形状を採用した同シリーズは、ニンジャH2のアグレッシブな外観に似合うスポーティなデザインが特徴だ。素材はチタン製となっており、重量は純正マフラー比で約6割の軽量化を実現している(同社調べ)。サイレンサーカバーは、ステンレス、メタルマジック、チタン、チ…

 Go to post page

9月 26th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 400/ABS Special Edition]カラーバリエーションを一新した2017年モデルが発表

2017年モデル Ninja 400

カラーバリエーションを一新した2017年モデルのニンジャ400/ABS スペシャルエディションが発表された。2016年モデルのニンジャ400/ABS スペシャルエディションは、スタンダードモデルに1色(グレー)、ABS スペシャルエディションに2色(ブルー×ブラック・レッド×ブラック)の計3色での展開であったが、2017年モデルではスタンダードモデルに2色(グレー×ブラック・オレンジ×ブラック)、ABS スペシャルエディションに1色(グレー×ブラック)というカラー展開となる。専用カラー&グラフィ…

 Go to post page

9月 15th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250/ABS Special Edition/ABS KRT Edition]2017年モデルのカラーリングが一挙に発表!!

2017年モデル Ninja 250

2016年モデルからカラー&グラフィックを変更した2017年モデルのニンジャ250シリーズが、2016年9月1日から販売を開始する。2017年モデルのニンジャ250シリーズはスタンダードモデルが2色、ABSスペシャルエディションが1色、ABS KRTエディションが1色の計4色での展開となる。そのほか、主要諸元や販売価格などに変更はない。ニンジャ250は、2017年モデルではブルー・ブラック×グレーの2色をラインナップ。フロントカウルやシートカウルなどにグレーをあしらうとともに、グラフィックにもグ…

 Go to post page

8月 1st, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

チーム38が2016ボンネビル・スピードウィークに挑戦

カワサキの有志社員によって結成されるチーム38が、ニンジャH2Rとともに世界的にも有名な最高速チャレンジ競技であるボンネビル・スピードウィークに参戦する。実は、チーム38は昨年もこの競技に挑戦する予定だった。しかし、異常気象によりコースが水没し、競技の開催そのものが中止となってしまった(昨年はその代わりとして、モハヴェ・マイルに参戦した)。今回のチャレンジは、そういう意味で昨年のリベンジともいえるだろう。昨年のモハヴェ・マイルでは、1マイル(約1.6km)到達時点で348.2km/hを記録し、ニ…

 Go to post page

6月 23rd, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]歴代ニンジャが集結! 鈴鹿8耐にてNinja特別展示を実施

[2016]歴代ニンジャが集結! 鈴鹿8耐にてNinja特別展示を実施

鈴鹿8時間耐久ロードレースの開催期間中、コース外のGPスクエアにおいて、歴代ニンジャシリーズの特別展示が行なわれる。これは、8耐の参戦マシンとしては初登場となる新型Ninja ZX-10Rのデビューを記念したもので、会場にはニンジャの歴史を彩ってきたさまざまなマシンがディスプレイされる予定だ(展示車種は下記参照)。鈴鹿8耐の観戦に行く人は、レースだけでなく、ニンジャの系譜もその目に焼き付けよう。展示車両(予定) ZX-7RR(2000年全日本ロードレース選手権 スーパーバイククラス チャンピオン…

 Go to post page

5月 30th, 2016 by カワサキイチバン編集部

[2016]鈴鹿8耐にてNinjaオーナーズパレードを開催。ニンジャシリーズオーナー参加募集中!

[2016]鈴鹿8耐にてNinjaオーナーズパレードを開催。ニンジャシリーズオーナー参加募集中!

7月28日(木)から31日(日)にかけて開催される鈴鹿8時間耐久ロードレースにて、Ninjaオーナーズパレードが開催される。このパレードは、カワサキ勢を応援するニンジャシリーズ(車種は下記参照)のオーナーのみで国際レーシングコースをパレードランするというものだ。開催日時は30日の19:30からで、お祭りムード漂う前夜祭のなかで行なわれる。ニンジャに乗ってカワサキのチームを応援しにくるライダーは、カワサキ勢の景気づけも兼ねて、ぜひ参加してみよう。イベント詳細 日時7月30日(土) 19:30〜…

 Go to post page

5月 27th, 2016 by カワサキイチバン編集部