カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2019年1月号

カワサキバイクマガジン2019年1月号(vol.135)が本日より発売される。巻頭特集は「カワサキブランド大行進」と題して、カワサキのストリート用モデル5ブランドを解説する。また発表されたばかりの新型Ninja ZX-6Rやヴェルシス1000など8機種のニューモデル情報を掲載。ほかニューモデルの発表の場となったINTERMOT 2018&EICMA2018の会場レポートや、各ブランドを代表するモデルのインプレッションをお届けする。また現行モデルを使って活躍するプロショップを紹介するコーナ…

投稿 カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. カワサキバイクマガジン2018年7月号、本日発売!
  2. カワサキバイクマガジン2018年11月号、本日発売!
  3. カワサキバイクマガジン2018年1月号、本日発売!
  4. カワサキバイクマガジン2017年7月号、本日発売!
  5. カワサキバイクマガジン2018年5月号、本日発売!
 Go to post page

12月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

[Z125/PRO]Zシリーズの末弟が2016年モデルで新登場!!

2016-z125-pro

“Z”の名前を冠した最小排気量モデル・Z125/プロが新たに登場する。125cc空冷単気筒エンジン&12インチホールを採用したコンパクトな車体ながら、エクステリアにはZのエッセンスが盛り込まれ、アグレッシブな走りを予感させてくれる仕上がりだ。なお、Z125が自動遠心式クラッチを採用したモデルで、Z125プロがマニュアルクラッチを採用したモデルとなる。カワサキの125ccモデルといえばKLX125が思い浮かぶが、エンジンの外見を見る限りでは、KLXベースのモノではなく、KSR110/プロの111c…

 Go to post page

10月 26th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[VULCAN S/ABS]バルカンSに国内専用の2016年モデルが登場

2016年モデル VULCAN S

昨年末に海外向けモデルとして発表されたバルカンSに、国内専用の2016年モデルが追加された。国内専用モデルが海外モデルと大きく異なる点はハンドルとステップだ。欧米より小柄な体型の日本人が乗ることを想定して、ライディングポジションが国内専用設計となっており、ハンドルに関しては、海外向けモデルのハンドルより、グリップ位置を44mmライダー側に設定。また、ステップは、ブレーキ側・シフトチェンジ側ともに前後3ポジションの調整が可能となっている。さて、バルカンと聞くと、アメリカンやクルーザーといった直線道…

 Go to post page

5月 1st, 2015 by カワサキイチバン編集部

[VULCAN S/ABS]バルカンシリーズに650cc・パラツインエンジンを採用したニューモデルが登場

[VULCAN S/ABS]バルカンシリーズに650cc・パラツインエンジンを採用したニューモデルが登場

1985年から続くカワサキのアメリカンシリーズ・バルカン。このバルカンシリーズに2015年モデルからニューモデルが追加された。モデル名はバルカンSで、これまでのバルカンとは機能面が大きく異なっている。バルカンに採用されるエンジンはV型が多かったのだが、バルカンSには並列エンジンを採用。さらにリヤショックは車体右側にオフセットされ、いわばER-6nに似たレイアウトとなっている。スタイリングはヘッドライトからテールカウルにかけて流線形を基調としたデザインとなっており、またオプションパーツとして、フロ…

 Go to post page

10月 16th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]ついに登場! 300ps超のスーパーチャージャー搭載マシン!

[Ninja H2R]ついに登場! 300ps超のスーパーチャージャー搭載マシン!

ついに出た! スーパーチャージャーを搭載したニューモデルの登場だ! しかも最高出力300psオーバーという化け物だ。昨年の東京モーターショーで、カワサキがスーパーチャージャーエンジンを参考出品した時から、いつかこの型のエンジンを積んだモデルが出るだろうと思っていたが、まさか300psオーバーとは、予想をはるかに超えるできごとである。モデル名はニンジャH2Rで、クローズドコース専用の量産車である。一般公道走行仕様車は11月6日から11月9日まで開催される今年のミラノショーで公開される予定だ。なお、…

 Go to post page

9月 30th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Z250SL/ABS]Z250の単気筒バージョンが正式発表!

[Z250SL]Z250の単気筒バージョンが正式発表!

ニンジャ250とZ250が基本コンポーネントを共通としているように、ニンジャ250SLにも同様のモデルが発表された。Z250SLがそのモデルで、すでにインターネットや二輪雑誌でスクープされていたが、今回がカワサキからの正式発表となる。仕様国はニンジャ250と同じマレーシア、フィリピン、中国、タイで、2014年モデルでは残念ながら国内仕様の生産予定はない。メカニズムの詳細は発表されていないが、Z250SLはエンジンや車体といった基本コンポーネントをニンジャ250SLと共通化しており、エンジンには単…

 Go to post page

5月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 250SL/ABS]Ninja 250の単気筒バージョンが正式発表!

[Ninja 250SL]Ninja 250の単気筒バージョンが正式発表!

すでにインターネットや雑誌などで、スクープ的な情報が掲載されているニンジャ250SLが、この度カワサキから正式に発表された。大ヒット中のニンジャ250の兄弟モデルともいえるこのモデルは、単気筒エンジンを搭載したフルカウルスポーツモデルである。販売される国はマレーシア、フィリピン、中国、そしてタイで、残念ながら国内での販売予定はないとのこと。今のところメカニズムの詳細は公表されていないが、分かっているのはエンジンがニンジャ250のパラレルツインエンジンとは異なり、単気筒エンジンであること。そしてフ…

 Go to post page

2月 14th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

[2014]福岡&札幌モーターショーでのカワサキの出展概要が決定

すでにカワサキイチバンでお伝えしているとおり、カワサキは福岡モーターショー2014と札幌モーターショー2014に出展することが決定しており、その出展概要がこのたび発表されている。ブースは大きく分けて3つのコーナーに分けられ、一つは車両展示のみのコーナーで、二つ目は車両に跨ることができる体験コーナー、そして三つ目はレースマシンコーナーだ。展示のみのコーナーはニンジャコーナー、Zコーナー、エストレヤコーナーに分けられ、2014年モデルで大きくモデルチェンジされたZ1000やニンジャ400、そしてエス…

 Go to post page

1月 8th, 2014 by カワサキイチバン編集部

[J300/ABS/Special Edition]カワサキ発のミドルスクーターが登場

2014年モデル J300

カワサキがスクーターを発売する。モデル名はJ300で、ヨーロッパ向けのスクーターである。カワサキのスクーターといえば、2002年から販売されていた250ccのエプシロンが記憶に新しいが、このモデルは車両本体がスズキのOEM製品であった。対してJ300はカワサキが製造するスクーターであり、1961年に発売されたペットM5以来のカワサキ製スクーターとなる。エッジの効いたデザインが取り入れられたJ300は、ヘッドライトからグラブバーに至るまで直線が活かされたスタイリングとなっている。市街地でもワインデ…

 Go to post page

11月 6th, 2013 by カワサキイチバン編集部

第43回 東京モーターショー・カワサキブースの詳細が明らかに。期待のニューモデルもここでお披露目!!

第43回 東京モーターショー・カワサキブースの展示車両が発表!

11月23日(土)から開催される、第43回 東京モーターショーにおいて、カワサキはニューモデルを含む9車種を展示する。その中でもニンジャ1000とZ1000は日本初公開、ニンジャ400と250ccネオクラシックモデルは世界初公開となる。ブース内は6つのゾーンに分けられる。ニンジャゾーンでは、現行ニンジャシリーズの中でもスポーツツアラー指向の2車種とニンジャ250を展示し、Zゾーンでは現代のZシリーズを構成する3車種が展示される。250ccネオクラシックモデルゾーンにはスタンダードタイプの他、純正…

 Go to post page

11月 1st, 2013 by カワサキイチバン編集部