三崎雄太 青汁王子 NinjaH2で300㎞/hチャレンジ!

トリックスターは日本自動車研究所城里テストセンターで、超MAXSPEED走行会を開催している。この走行会は、“はたして愛車で何㎞/h出せるか!”といった最高速を目指す走行会だ。

 Go to post page

1月 26th, 2024 by

トリックスターがNinja ZX-4R用フルエキゾーストを発売開始

マフラーとステップを中心に、トリックスターはカワサキ車用アフターパーツを数多く開発販売している。とくにフルカウルスポーツモデル用パーツのラインナップは豊富で、ニューモデル用アフターパーツの発売開始も早い。Ninja ZX-4R用アフターパーツに関しても同様で、この度、Ninja ZX-4Rフルエキゾーストマフラー『Ninja ZX-4R SE /ZX-4RR 政府認証フルエキゾーストマフラーIKAZUCHI』を発売開始した。

 Go to post page

11月 2nd, 2023 by

トリックスターが第7回 超MAX SPEED走行会を開催

カワサキ車用パーツを中心に、アフターパーツを開発・販売しているトリックスターが『第7回 超MAX SPEED走行会』を2023年12月3日(日)に開催する。

 Go to post page

10月 19th, 2023 by

トリックスターがNinja ZX-4RR/4R SE用レーシングスリップオンマフラーを発売開始

カワサキ車用アフターパーツを多数ラインナップするトリックスターが、Ninja ZX-4RR/4R SEに適合するレーシングスリップオンマフラーを発売開始した。

 Go to post page

7月 27th, 2023 by

トリックスターからZ900RS用ショートフルエキゾーストマフラーが発売開始

マフラーやステップをはじめとして、カワサキ車用アフターパーツを数多くラインナップしているトリックスターが、Z900RS用ショートフルエキゾーストマフラー“IKAZUCHI(イカヅチ)”を新たに発売開始した。Z1/2のイメージを大切にしつつ、Z900RSのスタイルにマッチするように開発されたマフラーで、性能はもちろんのことデザインにもこだわっている。

 Go to post page

7月 5th, 2023 by

トリックスターから2023 Ninja 250/Z250用スリップオンマフラーが発売開始

マフラーやステップを中心としてカワサキ車用アフターパーツを数多くラインナップしているトリックスターから、2023年式ニンジャ250/Z250用スリップオンマフラーが新発売された。

 Go to post page

6月 27th, 2023 by

トリックスターから2023 Ninja 250/Z250用スリップオンマフラーが発売開始

マフラーやステップを中心としてカワサキ車用アフターパーツを数多くラインナップしているトリックスターから、2023年式ニンジャ250/Z250用スリップオンマフラーが新発売された。

 Go to post page

6月 27th, 2023 by

Ninja400用IKAZUCHIマフラーが発売開始

現在、トリックスターは“IKAZUCHI(イカヅチ)”のブランド名で、マフラーをラインナップしているが、この度、ニンジャ400(2023年モデル)に適合する政府認証フルエキゾーストマフラーが、イカヅチに加わった。

 Go to post page

6月 8th, 2023 by

2023 EWC 第1戦ル・マン24時間耐久ロードレース レポート

2023 EWC 第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースが4月13日から16日にかけて、フランスで開催された。カワサキ勢の注目チームは、2018-2019シーズンにシリーズチャンピオンを獲得したチームSRCカワサキフランスの後継チーム、カワサキ ウェビック トリックスター(以下KWT)だ。

 Go to post page

4月 17th, 2023 by

「Team Kawasaki Webike Trickstar」2023世界耐久フル参戦!

カワサキのプライベートチームとして長くレース参戦してきたトリックスターレーシングが、2023年シーズンから世界耐久にフル参戦することが決まった。キッカケは、チームSRCカワサキフランス(以下SRC)の監督ジル・スタフラ監督が昨年、引退を表明したこと。SRCは2018-2019シーズン世界耐久でシリーズチャンピオンに輝いた実績のあるチームである。この引退表明を受け、トリックスター代表の鶴田竜二氏がSRCを引き継ぎ、新たにチーム カワサキ ウェビック トリックスターを設立し、世界耐久にフル参戦することとなったのである。

 Go to post page

2月 6th, 2023 by