[Ninja H2R]2019年モデルは12/10より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみ

2019年モデル Ninja H2R

スーパーチャージドエンジンを搭載した、カワサキのクローズドコース専用モデル・Ninja H2Rの2019年モデル国内向け受注期間が発表されている。受注受付期間はNinja H2 CARBONと同様、2018年12月10日(月)〜2019年1月18日(金)で、出荷時期は2019年6月以降とのことだ。なお、車両に関しては基本的に2018年モデルを継続しつつ、フロントのブレーキキャリパーには、ブレンボ製の最新モノブロックブレーキキャリパー「Stylema」が採用されている。カラーリングや販売価格(59…

投稿 [Ninja H2R]2019年モデルは12/10より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. [Ninja H2/Ninja H2 Carbon/Ninja H2R]スマホ接続・馬力アップ等々、各部見直しされた2019年モデル登場。順次受注受付開始
  2. [Ninja 400/Ninja 400 KRT Edition]2019年モデルが10月1日より発売。変更点はカラーのみ
  3. [Ninja H2R]2018年モデルの受注が9月5日よりスタート
  4. [Ninja H2 CARBON]2019年国内モデルの受注受付がスタート。2019年1月18日まで
  5. [Ninja 250/Ninja 400]東京モーターショー2017で世界初披露! すべてが生まれ変わった2018年モデル登場
 Go to post page

12月 10th, 2018 by カワサキイチバン編集部

カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!

カワサキバイクマガジン2019年1月号

カワサキバイクマガジン2019年1月号(vol.135)が本日より発売される。巻頭特集は「カワサキブランド大行進」と題して、カワサキのストリート用モデル5ブランドを解説する。また発表されたばかりの新型Ninja ZX-6Rやヴェルシス1000など8機種のニューモデル情報を掲載。ほかニューモデルの発表の場となったINTERMOT 2018&EICMA2018の会場レポートや、各ブランドを代表するモデルのインプレッションをお届けする。また現行モデルを使って活躍するプロショップを紹介するコーナ…

投稿 カワサキバイクマガジン2019年1月号、本日発売!カワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. カワサキバイクマガジン2018年7月号、本日発売!
  2. カワサキバイクマガジン2018年11月号、本日発売!
  3. カワサキバイクマガジン2018年1月号、本日発売!
  4. カワサキバイクマガジン2017年7月号、本日発売!
  5. カワサキバイクマガジン2018年5月号、本日発売!
 Go to post page

12月 1st, 2018 by カワサキイチバン編集部

アクティブより、Z900RS用のフレームスライダーが登場! サブフレームとの同時装着もOK

アクティブ フレームスライダー Z900RS用

アクティブより、Z900RS(2018年)用のフレームスライダーが登場した。不意の転倒時にエンジンへのダメージの軽減が見込めるパーツであるフレームスライダー。この製品は、スライダー本体の他に取り付けボルト類も付属しており、すべてボルトオンでの装着が可能となっている。また、先に販売中のサブフレームと同時装着が可能で、専用のサブフレーム同時装着カラーも販売中だ。アクティブ フレームスライダー Z900RS用価格:1万5,800円(税抜)アクティブ サブフレーム同時装着カラー価格:2,100円(税抜)…

投稿 アクティブより、Z900RS用のフレームスライダーが登場! サブフレームとの同時装着もOKカワサキイチバン に最初に表示されました。

関連記事

  1. アクティブより、Z900RS用のサブフレームが登場! その他専用パーツも多数ラインナップ
  2. トリックスターより、Ninja 250/400用のフレームスライダー2タイプが登場! 加工不要で簡単装着
  3. ゼログラビティより、Z900RS CAFE用のスクリーン4タイプが登場
  4. ハリケーンより、Z900RS用のコンチ2型ハンドルキットが登場
  5. アクティブの自社ブランド・ネクスレイより、Z900RS用のカーボンフロントフェンダーが登場
 Go to post page

11月 14th, 2018 by カワサキイチバン編集部