[Z1000/ABS]アシスト&スリッパークラッチを採用した2016年モデルが登場

2016-z1000

2003年の登場以降、3度のフルモデルチェンジを受け4代目となる現行型のZ1000。基本キャラクターがブレることなく、高性能化してきた同モデルは、2016年モデルでもさらなる進化を遂げ、新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載することがこのたび発表された。アシスト&スリッパークラッチとは、6月に発表された2016年モデルのNinja 1000をはじめ、昨今のカワサキスポーツモデルにこぞって採用されている注目の機構である。ブレーキング時など、過大なバックトルクが発生した際にクラッチを滑らせ、リヤタ…

 Go to post page

9月 2nd, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja 1000/Z1000SX/ABS]2016年モデル登場。アシスト&スリッパークラッチを新搭載

2016-ninja1000-z1000sx-abs

スーパースポーツにツーリングテイストを盛り込んだ走行性能と、エッジの効いたボリュームあるスタイリングで人気を博しているニンジャ1000。その2016年モデルがこの度発表された。2015年までのモデルとの機能的な違いは、2016年モデルにはアシスト&スリッパークラッチが新たに採用されたという点だ。このシステムはスリッパークラッチ(過大なバックトルクが発生した際にクラッチを滑らせ、リヤタイヤのロックやスリップを抑制する)機能のほか、クラッチレバーの操作が従来に比べ30%程度軽くなる機能も備えていて、…

 Go to post page

6月 1st, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Z250 ABS]アシスト&スリッパークラッチを採用した2015年モデル・国内仕様が登場

2015年モデル Z250

クォータークラスでは希少なストリートファイターモデルとして強烈な個性を放っているZ250。2015年モデルとしては、昨年11月末に輸出モデルの発表があったのみだが、このたびようやく国内仕様の詳細がリリースされた。今回発表されたモデルは現時点ではABS仕様のみで、2014年モデルからの変更点は、カラー&グラフィックとアシスト&スリッパークラッチの採用が挙げられる。アシスト&スリッパークラッチはすでに2015年モデルのNinja 250にも搭載されている機構で、クラッチレバーの操作感を軽くしながらも…

 Go to post page

4月 15th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja250/Special Edition/ABS Special Edition]2015年モデルはアシスト&スリッパークラッチを採用

2015年モデル Ninja 250

スーパースポーツを彷彿させるスタイルで大人気のニンジャ250。その2015年モデルがこの度発表された。2014年モデルからの変更点は、アシスト&スリッパークラッチが新たに採用された点だ。この機能は、2014年モデルでは海外向けモデルのニンジャ300に採用されていたもので、2015年モデルでついにNinja 250にも追加採用されることが明らかとなった。この機能の採用により、ニンジャ250の走りがさらに楽しくなることは間違いないだろう。その他、アシスト&スリッパークラッチ以外の機能的な変更点は特に…

 Go to post page

8月 1st, 2014 by カワサキイチバン編集部