[Ninja400/ABS Special Edition]2016年モデルのABSスペシャルエディションは2色での展開に

2016-ninja400

ミドルクラスのフルカウルスポーツを代表するニンジャ400は、180度クランク採用の並列2気筒・399ccエンジンを搭載し、日常での扱いやすさと非日常を感じられるスポーティさの両方を兼ね備えたモデルである。その2016年モデルがこのたび発表された。2015年モデルからの変更点は、カラー&グラフィックのみ。スタンダードモデルのニンジャ400は、昨年までのブラック・ホワイトの2色展開から、ブラック1色での展開に。その分、ABSスペシャルエディションはライムグリーンのみの1色展開から、ブルー・レッドの2…

 Go to post page

10月 30th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Z250SL/ABS]2016年モデルは個性的なカラーリングを採用

2016-z250sl

“ライトウエイトスポーツ”をコンセプトに、レスポンスにすぐれた単気筒エンジンと、軽量かつスリムな車体の組み合わせでスポーティな走りが楽しめるニンジャ250SL。そのストリートファイター仕様がこのZ250SLで、Zシリーズらしいアグレッシブなスタイリングが魅力的なモデルである。その2016年モデルがこのたび登場した。発表されたのは海外仕様のみだが、注目したいのはそのカラーリング。各カウル類とタンクがあえて別カラーになっているため、フロントからテールにかけて流れるようなラインが強調され、よりスポーテ…

 Go to post page

10月 30th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2R]2016年モデルは11/1より受注受付開始。受付はH2R取扱指定店のみ

2016-ninja-h2r

ニンジャH2のレーサー仕様・ニンジャH2Rの2016年モデルが、昨年に引き続き受注販売されることが発表された。受注期間は2015年11月1日〜2016年2月15日で、受付はNinja H2R 取扱指定店のみで可能となっている。2016年モデルのカラーリングは「ミラーコートスパークブラック×リアルカーボン」で、塗装には先ごろ発表されたニンジャH2と同じくガラスフレークを採用。さらにフレームなど2015年モデルでグリーンだった部分がシルバーへと変更されるなど、全体のイメージはほぼH2と同じ印象となっ…

 Go to post page

10月 29th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[Ninja H2]ガラッとイメージを変えた2016年モデルが発表

2016-ninja-h2

スーパーチャージャーで過給をする998cc・並列4気筒エンジンを搭載したニンジャH2。今さら説明は不要なほど、今年のバイク業界の話題を一挙にさらっていった、カワサキが誇るスーパーバイクである。過給エンジンのもたらす圧倒的なパワー感はもちろんのこと、そのスタイリングも大きな注目ポイントで、中でもまるで鏡のように反射率の高い銀鏡塗装はニンジャH2のアイデンティティを構成するうえで、かなり大きな要素となっていることだろう。そんなニンジャH2の2016年モデルが発表された。一見すると、フレームの色がグリ…

 Go to post page

10月 29th, 2015 by カワサキイチバン編集部

[2015]第44回 東京モーターショー 2015 カワサキブース情報!!

2015-44th-tokyo-motor-show

10月30日(金)〜11月8日(日)まで、東京ビッグサイトにて「第44回 東京モーターショー 2015」が開催される。言わずもがな、2年に1度開催される、国内外の二輪・四輪メーカーが集う、最新モデルの見本市である。その東京モーターショー 2015へのカワサキの出展内容を紹介する。今年のカワサキブースで打ち出されるキーワードは“RIDEOLOGY(ライディオロジー)”。これは、これまでカワサキが持ち続けてきた走り(RIDE)へのこだわりを表現したモノで、その世界観が車両やウエアに加え、歴代カワサキ…

 Go to post page

10月 28th, 2015 by カワサキイチバン編集部

深瀬鋭一郎のあーとdeロハスサイクル・アート!『茄子 アンダルシアの夏』『弱虫ペダル』に続け! | dacapo (ダカーポ) the web-magazine

東京五輪を契機に面白くなりそうなスポーツ・アート世界。自転車好きな深瀬さんがスポーツ・アートの中でも「自転車」をテーマとしたアートを紹介します。 → http://dacapo.magazineworld.jp/culture/160222/

 Go to post page

10月 28th, 2015 by 狗飼 恭子

[Z125/PRO]Zシリーズの末弟が2016年モデルで新登場!!

2016-z125-pro

“Z”の名前を冠した最小排気量モデル・Z125/プロが新たに登場する。125cc空冷単気筒エンジン&12インチホールを採用したコンパクトな車体ながら、エクステリアにはZのエッセンスが盛り込まれ、アグレッシブな走りを予感させてくれる仕上がりだ。なお、Z125が自動遠心式クラッチを採用したモデルで、Z125プロがマニュアルクラッチを採用したモデルとなる。カワサキの125ccモデルといえばKLX125が思い浮かぶが、エンジンの外見を見る限りでは、KLXベースのモノではなく、KSR110/プロの111c…

 Go to post page

10月 26th, 2015 by カワサキイチバン編集部

アートフルな暮らしのアイディアいっぱい 『イデーショップ 自由が丘店』 | dacapo (ダカーポ) the web-magazine

アートフルにリニューアルした『イデーショップ 自由が丘店』。新設のクラフト・雑貨コーナー『IDEE CRAFT』ではリトアニアをフィーチャーしています。 → http://dacapo.magazineworld.jp/news/160193/

 Go to post page

10月 23rd, 2015 by 狗飼 恭子

[Ninja ZX-6R]レースベース車の2016年モデルが今年も販売決定

2016-ninja-zx-6r-race-base

600ccの市販スーパースポーツモデルで争われる国内のロードレース・ST600クラス。その参戦者に向けたレースベース車として、レース用ECUやサブハーネスを装着したZX-6Rレース専用モデルが今年も販売される。ベースとなるのは2009年に登場したR型(アメリカ仕様)で、同様のモデルをベースにしたレース専用モデルは昨年も販売されており、性能および諸元、カラーは昨年販売されたモノと同一となる。このモデルはレース専用車両となるため、ナンバーの取得は不可となっているので注意すること。受注期間は2015年…

 Go to post page

10月 22nd, 2015 by カワサキイチバン編集部

J・ビノシュ主演『アクトレス 〜女たちの舞台〜』 O・アサイヤス監督インタビュー 大切なのは考察や疑問を誘発すること。 | dacapo (ダカーポ) the web-magazine

スイス・アルプスの大自然を背景に大女優の孤独と葛藤を浮き彫りにした作品。アサイヤス監督に映画製作の舞台裏やクリエーションの原点についてとお話しをうかがいました。 → http://dacapo.magazineworld.jp/cinema/159753/

 Go to post page

10月 20th, 2015 by 狗飼 恭子