日本の「だし」に注目!乾しいたけメニューフェア。

だしソムリエ協会 × 日本橋 ゆかりのおいしいコラボ『国産原木乾しいたけを使用した乾しいたけメニューフェア』が開催中。だしソムリエ協会代表のMAKIさんによる紹介です。~12/21まで。

 Go to post page

11月 28th, 2013 by 鵜飼真妃

秋らしい乾いた空気の澄んだ日、 炉開きの稽古茶室にて。

炉開きは、茶の正月。 待合には杜牧の漢詩よりの書。 今日は炉開きということです、茶の正月とも呼ばれ、おめでたい趣向です。待合に見立 …

 Go to post page

11月 26th, 2013 by 土屋 孝元

~12~ 渋谷にパリに。天才 TAGAMI、キューティ&ボクサー、デュエンデ。

渋谷に天才おじさんTAGAMI、前衛芸術家夫婦キューティー&ボクサー現る。パリにはクラウド・ファンディングで劇場が。アツコ・バルーさんが見た、感じた新しいつむじ風。

 Go to post page

11月 25th, 2013 by アツコ バルー

ポッシュからW650用FCC強化クラッチキットがリリース

ポッシュ W650用 FCC強化クラッチキット

ウインカーをはじめテールランプやメーターなどさまざまな外装パーツを手がけるポッシュから、W650用FCC強化クラッチキットがリリースされている。このキットはFCC製フリクションプレートとクラッチプレートに、同社オリジナルの強化クラッチスプリング(同社比10%アップ)がセットとなったモノである。ノーマルから交換することで、クラッチのすべりを低減するほか、耐久性の向上が期待できる製品だ。ノーマルはもちろんだが同社製803ccボアアップキット組んだエンジンにも対応しているとのこと。『ポッシュ W650…

 Go to post page

11月 25th, 2013 by カワサキイチバン編集部

Vol.20 クローブシナモンのお豆たっぷりスープとメキシカンスパイシーソース

トトスクキッチンvol.20は、シナモン。シナモンを使った甘くないスープとソースをご紹介。シナモンの新しい魅力を発見してみて下さい。シナモン料理に合わせたい音楽はリジー・ローブ。

 Go to post page

11月 25th, 2013 by 中野 エリ

もし就活学生がマーケティングを勉強したら76企業は常に成長していく方策を模索しています。

マーケティングの教科書ではプロダクト・ライフ・サイクルの延命策として次のようなことが述べられています。 ひとつはその製品の既存ユー …

 Go to post page

11月 25th, 2013 by 高橋 徹

英語の早期教育への新たなる提言!これまでの英語教育の一歩先へ GLOBAL JAPANESE育成の最前線。

オーラル重視の昨今の英語教育に、待った!。実は「文法」「構文」重視の従来の英語教育はこれからのグローバル社会を生き抜くための基礎を養う上で重要という。英語教育の第一人者松井道男が語る。

 Go to post page

11月 22nd, 2013 by 大友 麻子

[2013]第43回 東京モーターショー カワサキブースレポート

第43回 東京モーターショー

いよいよ11月22日(金)から開催される第43回 東京モーターショー。一般公開に先駆けて、本日事前公開された。カワサキブースはコンセプトモデルをはじめ、ワールドプレミアおよびジャパンプレミアの最新モデルを出品。“未来を創る Kawasaki Technology”を全体のテーマとして、カワサキの最新技術を力強くアピールしていた。まず、以前にもお伝えしている通り、ブース内は6つのコーナーに分けられている。川崎重工新技術コーナー、Zコーナー、ニンジャコーナー、エストレヤコーナー、おさわり&またがりコ…

 Go to post page

11月 20th, 2013 by カワサキイチバン編集部

『Bar Music 2013 Love Spartacus Selection』リリース音楽観、人柄、そして人生哲学…。Bar Musicの祈りを届けるアルバム。

渋谷『Bar Music』から「ムジカノッサ・グリプス」レーベル誕生。第一弾は『Bar Music 2013 Love Spartacus Selection』。音楽評論家・渡辺亨さんが特別寄稿してくれました。

 Go to post page

11月 20th, 2013 by 渡辺亨

ボジョレー・ヌーボー解禁 今年のお味は?

ボーヌ在住の熊田有希子さんからボジョレー・ヌーボー・テイスティング・ルポ。今年はヌーボーらしい爽やかな酸味と、酸味に溶け込む果実味のバランスの良さが特徴。

 Go to post page

11月 20th, 2013 by 熊田 有希子